幸せ(成長)は苦しみと引き換えに得るもの?

自分らしく充実して過ごしていると、ご褒美のような出来事を引き寄せる。

報酬の種類はお金という形のときもあるし、何ものにも替えられない貴重な時間だったり、嬉しい言葉だったり、仕事のチャンスだったりする。

努力が、幸せな結果をもたらすのではありません。幸せ(結果)が訪れる前に、すでに同等の幸せ(原因)を感じていたというだけなのです。だったらもはや、最初からご褒美を期待する必要もない。

ご褒美がいらない=見返りを求めないスタンスでいると、さらにご褒美を引き寄せる。富むものはさらに富む、とはこのこと。

そんなことでいいの?努力しないでいいの?

幸せ(成長)は苦しみと引き換えに得るものじゃないの?

むしろ、逆なのです。簡単で、気楽で、幸せを感じることを優先すると、豊かになる。ずっとエフォートレス研究をやってきて、その一択しかないのだと痛感しています。

抵抗感を伴ってがんばったり、やる気が起きないのに無理に奮い立たせるといった、これまでの取り組み方をやめること。

お仕事(何かしらの責任を伴う業務)となるとなかなか難しいかもしれません。やるべきことをサボりましょうということではなく、どうせやるなら、エフォートレスな工夫をひと匙。同じ作業をやるにしても、順番を変えたり、捉え方を変えたりすることで、いかに気を楽にして取り組めるかにフォーカスします。

あなたの心がふっと軽くなる捉え方を探してみてください。嫌々する努力はやめて、気軽に捉えられるポイントを探すという努力に方向転換するだけ。

「自分らしい生き方を!」「エフォートレスな存在になろう!」なんていうとやたら壮大に聞こえます。実際は、「少しでも気軽になる工夫を凝らす」だけで達成できるものです。本当に簡単。シンプルの極み。あなたには、あなたの気軽さを察知するセンサーがちゃんとあるのですから。

まず、気軽でいる→楽しくなってくる→報酬が引き寄せられる。報酬によってハッピーな気分になる→さらに心が軽やかに→さらなる豊かさが・・・ポジティヴなスパイラルの波に乗ることほど有益な自己投資はありません。

日常をエフォートレスに
がんばらないけどさぼらない
Be Effortlessly YOU!!

 


新居ではノンアル晩酌をするのが定番化しました。しみじみとその日を想い、明日が楽しみになってくる夜のひとときです。

 

 

ライフコーチングQ&A:ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。