パーソナルコーチングからの、ラストトランプ

BLOG

連休明けの秋空のもと、いかがお過ごしですか。けがで入院中だった小5の甥っ子がようやく退院しました。この病院のテラス、ハイラインのようでいい感じですよね。闘病中のお子さんたちや付き添いの保護者の心を癒してくれる空間。甥っ子の入院前に「グッド・ドクター」というドラマにはまっていたこともあり(山崎賢人と上野樹里の関係性がよかった♡)、小児科という場所について色々と考えさせられました。

こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。昨日は姉が一日仕事だったので、朝から甥っ子につきっきりでした。入院の付き添いが完全にデート空間になる、きもいオバなわたし。それはもういそいそと自ら望んで奴隷と化す。シャワーの介護に足のマッサージ、洗濯、ゲームのためのWi-Fiはこちらのギガを食われようと喜んで差し出し、カフェラテや高級なハイチュウを買いにドタバタと奔走する……!こう見えて案外「尽くす女」みたいです笑 あー幸せでした。

病院のベッドで、甥っ子とトランプで大富豪をやっていたその瞬間。オバは、あることを悟りました。

きっとこれが、この人生で彼とトランプをする、ラストチャンスになるだろう

クオートにするほどのこと?笑 でもね、そうでしょ?今回、入院してたからこそオバのことも相手にしてくれるけど、次回会うときははおそらく中学生とかだし、もうね、さすがに二人きりでトランプは一生なさそうじゃない??は〜切ない。でも「覚悟を決めたトランプ」は、めちゃめちゃマインドフルに携わったので悔いなし!全体的になんの話?笑

この週末は、東京へ。担当編集者さんとの感動の再会や、ライフコーチングの仲間・ビジネスを手伝ってくれている方・友人など(要するに大好きな人たちオンリー)が集まってくれての出版のお祝い会、そしてパーソナルコーチングと、楽しい予定であっというまに過ぎてしまいました。あっというまで楽し過ぎて帰りの福岡行きのフライト、ちょっと切なかった……。

パーソナルコーチングの対面セッションにお越しくださったK様♡(お写真の掲載許可をいただいております)つい先日、NYへご旅行されたとのことで、あちらでの対面セッションをご希望されていたのですが、ちょうどこちらの一時帰国と重なってしまい、なんとわたくしたち、太平洋上でぴったりすれ違っていたのです。すごくない?それでもこうして東京でお会いできてよかった!コーチングスキルを何一つ使わずに(使いなさい!)、こちらがワクワクとK様のお話を伺っていたら終了、という感じでした。

人生で何かを、あえて引き算した方は強い。そして、未来が真っ白で、これからなんでも描けそうなタイミングにおいては、ゾクゾクワクワク、怖さも楽しみも含めて、その方の芯の魅力がドバーッと伝わってきます。そんな場面に立ち会えていることに畏敬の念を覚える。その繰り返しがライフコーチングの仕事の醍醐味です。K様、素敵な見本を見せてくださりありがとうございます。

K様が送ってくださった、有隣堂横浜ジョイナス店のお写真。そのお心遣いが嬉しくて嬉しくて。平面で並べてくださっていてありがたいです。あえてジャンルがバラバラな中に置いてもらえると、「ジャケ買い」コーナーのように見えてきます。拙著『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』に関しては、カバーやデザインが本当にかわいいので、ぜひじゃんじゃん「ジャケ買い」していただきたいものです。内容はもちろん保証します。

ホテルのデスクって、原稿を書きたくなります。昔から作家に憧れて、ハワイのホテルで「原稿を書いている風写真」を撮ったほど。今回はバタバタしすぎて何も書けず、それでもジャーナリングの時間だけは確保しました。ジャーナリングに日々つづってきたことが、になったようなものなので、ジャーナリングももはや執筆の一環です。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、ジャーナリングはさぼらない。

今週のアーティクルが更新されました→「パートナーシップのすれ違いが起こる理由を探ってみた〜お互いにしっくりくる愛情表現とは?

9/23に初の著書が大和書房より刊行されました


『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。