年齢を重ねたからこそ楽しいこと

ライフコーチ関口梓のブログです。Los Angelesより、わたしたちの大切な毎日がエフォートレスに輝くヒントをお届けしています。

* 本日のメッセージ * 過去のQ&A一覧


 

イアオラナ〜!タヒチからLAへ帰ってきました。(写真は、タヒチのビーチです)

今回のフライトで利用したエールフランス。久々に乗ってみて、機内食の美味しさ(特にコーヒーとパンとチーズとバター!笑)や、トラベルキットが入っているポーチのなんともお洒落なデザイン(そこ?)に感動しました。LAから8時間の感覚もつかめたし、また行くことになるかな?

タヒチでの二週間、フランス語漬けの日々でしたが・・・やっぱりフランス語の響きが大好きだということを再確認。

フランス語ほど「しなやかな」言語って他にあるのかな。日本人にとって魅惑的に感じる響きの言葉が多いと思います。パリに留学したとき、姉と一緒に家具を見に行って、薄茶のソファを買うかどうか迷っていたとき、姉が一言、「このソファ、ショコラ色だね」と発した瞬間に、即、購入を決断できましたから(笑)

久々に一日中フランス語を聞く生活をして、耳はだいぶ感覚が戻ってきたので驚きました。昔、ある程度ちゃんと学んだことを、時間が経ってから改めて学ぶときというのは、エフォートレスなレベルアップができるものです。「もともと持っている資産を使って生きる」といつも書いていますが、「大人になって学び直してみたいこと」をリスタートするのは楽しいですよね。歳を重ねた喜びを感じられます。

日本では、英語を学ぶのにセブ島留学が流行っているそうですが、フランス語をタヒチで学ぶのってありじゃない?リゾート留学!今回のわたしはまさにそれでしたね。

このままフランス語の感覚を忘れないように、フランスのドラマを観たり、ポッドキャストでフランス語のラジオを流したりしつつ、毎日少しずつでも触れていきたいです。<簡単かつ地味>な日々の積み重ねほど、エフォートレスな効果をもたらしてくれるものはないと身を以て信じています。

フランス語、もっとスラスラ話せたら嬉しいだろうな♡この「未来の自分が感じる嬉しさ」への好奇心を次の行動へとつないでいくとしましょう。

大人になったあなたが、もう一度学び直してみたいことは?現在のあなたの知性と感性だからこそ、新たに得るものがあるはずです。リスタートさせるのは「いま」かもしれません。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、好きな学びのリスタートはさぼらない。
Be Effortlessly YOU!!
AZUSA

 


この写真のアングルと体勢・・・奇跡的にバハマでも同じような写真を撮っていました。姉と夫のアングルセンスが同じ!笑 タヒチ旅では、とにかく蒸し暑いのでサラサラした締めつけない格好でいたくて、去年ZARAのセールで手に入れていたリゾートっぽいドレスをヘビロテ。ほどよいカジュアル感がビーチでも屋台でもはまって使いやすかった!南国でのバッグは、クロスボディよりも、ヘロヘロした素材のエコバッグくらいがエフォートレスに過ごせます。


タヒチは南国リゾートなのにフランス!というところが最高。姉と何度、Carrefourへ足を運んだことか……オーガナイザーの女性に呆れられるほどの通いっぷりでした(笑)


最終日の首回りの状況がすごかった&重かったです(笑)姉の生徒さんたちから、タヒチのお別れのギフトである首飾りを1人1人からいただいた結果。。。みんな、こういうの家に常備しているのかしら?色ビーズと組み合わさってるものや、お子さんが手作りしてくれたものなど、多岐にわたっていました(持って帰るの大変だったけど笑)


ノワドココ(ココナッツの種)の中を食べまくった日々。ココナッツフレークになる周りの部分、削るの大変なのだけど妙にはまってずっとガリガリ食べていました。


耳飾りもほぼ毎日。誰かしらかがお花やフルーツを分けてくれる場所。最後のほうはすっかり「AZUSAはジャスミン好き」というキャラに。耳にお花をつけていると、あるときふっと香ってくる。現地の女性曰く“これがわたしたち流のパフューム”なんですって♡

 

Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。
こちらのフォームよりお気軽にご質問をお寄せくださいませ。


『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)  

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。