40代前半ってどんな感じ?誕生日を迎えて思うこと

本日、誕生日です。42歳になりました!(写真は、41歳において最も映えたであろう写真@マウイ島ですw)

40代のスタートダッシュは、コロナ禍をLAで過ごすという特殊な状況でした。ライフコーチングに捧げた30代を経て、「次の10年をどう過ごしたい?」を見つめ直しました。あらためて「アイデアを発想し、著述する仕事」のベースを整えることに集中してきたつもりです。

具体的には、新しい知識やスキルを身につける学びを始めました。ずっと興味があったことを、まさに「四十の手習」で!そろそろ1年以上経つかな。(まだブログではちゃんとお伝えしていませんが、そろそろ熟してきたのでシェアしようかと思っているところです。ここにちょっと書いてました

30歳前後の自分が憧れていたライフスタイルはいい感じにに実現したので、次は50歳に向けて。来年あたりにはもっとベースが整うかな?経済的にも余裕が生まれたし、ますます好きなことに邁進できそう。42歳の今は、楽しい道の途中といったところでしょうか。

本の執筆についても、何度も頓挫しましたが(涙)……あきらめずにコツコツと、企画を立てたり、テーマを研究したり、出版社とのやりとりも続けてきました。一番やりたいこと(作家として本を出版し続ける)は絶対にあきらめない。というより「あきらめる」という概念がそもそもないのが本当にやりたいことだと思う。どうしたって続けたいから続けてしまう、そういうもの。その甲斐あって、ようやく「エフォートレス本第二弾」が実現しそうです。

「エフォートレスな生き方」を実践し伝えることは、いわゆるライフワークなので、特に目指したり意識したりしなくても、常にやりたいことの根底に流れています。

41歳のラストは、すべりこみで幸せな仕事のオファーをいただき、携わることができました。3回目の・・・です♡またお知らせしたいと思います。このお仕事が自分への誕生日プレゼントになりました。

今朝はまず、起き抜けで旦那くんに感謝を。一緒に寝起きすることの幸せをありがとうと伝えました。それだけで充分。毎日プレゼントをもらっているようなものです。(もちろん物的プレゼントは別途要求しますけど笑)

旦那くんを見送り、お気に入りのベランダで朝の黄昏タイムをいつもより長めに。

空を眺めつつ、今日はどんな風に過ごそうかな?と考えて、ふとiPhoneに入れている音楽で、「本当にお気に入りの曲のみ」で構成したプレイリストを作りたくなったので、早速実行。最もリピートしているプレイリストをさらに縮小・追加して、絶対飛ばすことのない超絶好きな曲のみを再編成しました。

出来上がったエッセンシャルなプレイリストを聴きながら、無性に掃除がしたくなったので水回りのプチ大掃除に着手。バス・トイレをいつもより念入りに磨きあげました。この時点で、最高の気分。

誕生日は念入りに掃除をして過ごすに限る、と数年前に気づいたのですよね。やはり、間違いないようです。

イギリス人紳士は、毎日綿密に同じスケジュールで過ごすことに喜びを感じるといいます。私もそれに近く、毎日同じことの繰り返しであることに幸せを感じるタイプです。その代わり「同じこと」の内容にはこだわり抜きますが!

身支度をして、近所のスタバへ。


川越のスタバといえば↑ここなのですが、、、自宅マンションから実際は歩いて1分の駅ビルに入っているスタバの方に行くことが多いです(笑)誕生日だし映えている方に行ってもよかったけれど、毎日のことなのでエフォートレス(楽ちん)なのほうを選択。

広くてお仕事スペースも充実しているし、店員さんが感じがよくて気に入っています。午前中なのに、中高生らしきグループがいたので「あれ?学校は?」」と思いきや、、夏休みなんですね!いいな〜楽しそう!

そう、私の誕生日7/21は昔から、夏休み初日だったことを思い出しました。誕生日が来ると同時に夏休みが来る感じがとても気に入っていました。

しみじみと幸せを感じられる時間でしたが、やっていること(ベランダで黄昏→掃除→スタバで執筆)はいつもと変わらないっちゃ変わらない(笑)誕生日に、いつもを同じことをして幸せ、、って我ながらシンプルです。

ディナーは、川越のハツネヤガーデンを予約。川越に住んだらぜひ行きたかったお店なので楽しみです!ここのサロンでいつか、読者の方とお茶会みたいなことができたら……なんて野望も。出版記念パーティーもいいね。今日は下見ということにしておこう。

なんてことないと言いつつほぼ自己満の自慢ですが、誕生日エッセイでした。40代前半ってどんな感じなのか模索している方へ、一つの参考になれば幸いです。

コロナに気をつけつつ、本格的な夏の始まりを楽しみたいですね!

日常をエフォートレスに
がんばらないけどさぼらない
Be Effortlessly YOU!!

 


オファーいただいたお仕事の資料で自分の本が必要だったのですが、LAから船便で送った引越荷物がなんとまだ届いておらず、自分の本が手元に一冊もない状態。急遽、楽天ブックスで取り寄せるはめに。損した気分になったのはなぜ(笑)仕事の参考資料が自分の本というのもなかなかない状況ですよねwたいがい浮世離れしておりますが、ヘンテコな自分の人生を気に入っています。

 

ライフコーチングQ&A:ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。