執筆中の風景 in NY

BLOG

日本滞在で最後の週末。また東京へ行き、会いたい人に会いたいだけ会い、懐かしい時間が過ぎて(また書きますが)、、日本も大好きだけど、そろそろNYや旦那さんが恋しい。離れると、帰りたくなる。ずっといると、離れたくもなる。自分の居場所は、そのつど自在に。気の向くままに流れていけたら。こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓(一時帰国中)です。

著書『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』の執筆は、すべてニューヨークの自宅か、チェルシーにあるカフェで行いました。どんな感じで書いていたのか、インスタのストーリーにあげていたものをご紹介します。


このくらい雪が積もっていたころから書いてました。


自宅で書くときは、ハイラインを眺めつつの孤独な作業。でも楽しい。

 


このカフェは本当によく通い詰めました…。ひとりで仕事している人たちばかりなので、集中しやすい。

 


よかったねえ。


アパートメントのテラスで仕事できる季節は短いので貴重です。

 


って、書き上げたら終わり、ではないんだということを痛感していたころ。むしろ書き上げてからの忙しさがものすごくて、よく覚えていません。そんなときも家事や料理といった「手作業」を、頭脳労働の合間に挟むことで、落ち着くんですよね。

 


これは「終わりに」を書いていたとき。ちなみにの内容は、Session3→Session2→Session1→Session4→はじめに→終わりに の順番で書きました。いちばん苦労したのは「はじめに」!

 


我が家の校閲ボーイ=旦那さん。担当編集者さんに提出する前に、まず、彼にチェックしてもらっていました。パートナーシップの相性として、「校閲の相性」というジャンルが存在するのかと驚いたくらい(笑)、彼の校閲は押し付けがましくなく、それでいて正確で。これからもずっとお願いしたいです♡

 

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、本を書くためのコンディションづくりはさぼらない。

初の著書が大和書房より刊行されました。

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。