「柔よく剛を制す」の精神で!

ライフコーチ関口梓のブログです。Los Angelesより、わたしたちの大切な毎日がエフォートレスに輝くヒントをお届けしています。

トップページに「本日のコーチング」として日替わりのメッセージを載せています。

コロナの嵐を心静かに見守り、自分らしくvividに生きる人を応援します → COVIVID-20宣言


 

老子の言葉、「柔よく剛を制す」。

しなやかで柔軟なものは、頑固で強大なものをさっと交わして倒してしまえるという意味で、柔道の教えに用いられるそうです。まさに「エフォートレス」を表した故事成語!

コロナにまつわる現状においても、柔よく剛を制すマインドでいきましょう。とことん受け容れて、躱(かわ)して。

それは、「コロナに抵抗せず、変わりゆくものを認め、しなやかな忍耐を発揮しながら、それでも制限の中で人生を選び楽しむことをやめない」いうことだとわたしは捉えています。

確かに、数週間前とはいろんなことが変わってしまいました。もう戻ってこないことも、取り返しがつかなかったこともある。それでも、この瞬間、自分の意識(心のあり方)が次の展開に影響を与えていることを忘れずに、COVIVIDな創造性を発揮するということ。

自粛を強制されているのか? 自分としてベストな安全を選択しているのか?

抵抗して、不安を煽って、意識を感染拡大に役立てるのか? 平和を保つことに心の力を使うのか?

国や制度を責め、無力な被害者となるのか?建設的な第三の道を信じて、周りを励ます存在として生きるのか?

アウシュヴィッツに連行された人々も、いずれかの意識を持っていたはず。あれだけの大虐殺の中、「乗り越えることを選択して」生き延びた人たちが確かに存在しているのですから。

個人の意識の選択が、すべてです。同じ現象を見ているようでいて、わたしたち一人一人の意識の持ち方によって、それぞれ違う風景や体験が現れています。

コロナを恐れの体験とするか、愛と成長の体験とするか。モードを選ぶのは、常に自分!たとえ周りが違う選択をしていても、それはあなたの選択には関係ありません。

ウィルスがもたらすものは、頑固で強大で何を持ってしても敵わないように見える。でもそれは、人間の心のしなやかさ、意識の柔軟さでもって制す(受け流す)ことができます。

NYのメンターになんども言われた言葉、「心の力を甘く見ないこと」。直近の英国のエリザベス女王のスピーチのラストでも、祈りと瞑想について触れられていました。

朝の数分間を瞑想に費やして、その日に「感じたいこと」を先取りして味わいましょう。

その一日を「どんな風に吹かれて過ごしたいか?」、優しい風、心地よい風、爽やかな風・・・好きなイメージで、目を閉じたままその風に吹かれてみてください。朝のセッティング通りに一日を過ごせますよ♩

現状を無理に変えようとするより、受け容れて躱していく。わたしたち自らが柔らかい風となり、この時期をリズミカルに通過していきましょうね。

★コロナ後の世界を、自分らしく輝いて生きる準備をしませんか?WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。ご相談フォームはこちら

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、コロナにしなやかに対峙することはさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA

 


「柔よく剛を制す」は、ブラックパールの持つエネルギーなんだって!タヒチ旅で姉とおそろいで買いました♩明日はこのピアスをつけよう♩

 


〜コロナケアをご一緒に〜 COVIVID-20宣言

◆ブログの過去記事より、新型コロナウィルスの影響に対するメンタルケアに役立ちそうな記事をまとめました

◆現在、過去のお悩み相談 Q&Aを、本サイト会員様以外へもオープンの状態にしてあります。お悩み相談も現在、どなたでもお送りいただけます。先の見えない不安を言語化するだけでも、心は軽くなるものです。お気軽にご利用ください。ご相談フォームはこちら

◆おうち時間のおともに、ブログの大人読みをどうぞ♪  → エフォートレス辞典

活気に満ちた社会が戻る日まで、本サイトがご自身の内側を見つめるサポートとなれば幸いです。



『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)  

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。