自分を責めるのが好きな人がエフォートレスになると?

BLOG

こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。週末の定番、ハイライン散歩。のプロフィール写真もここで撮ったものです。今日は比較的暖かく、ぎりぎりウールのコートが着られました。もうじき、フード付きマストのダウンコート+ニット帽以外では外へ出られなくなるので、いまのうち、いまのうち。NYの短い秋を堪能しなければ。

本を読むなどして気づきを得たとき、あなたは次のうち、どちらの感想を持つことが多いですか?

①「そうか、これが悪かったんだ!」

②「なんだ、これで良かったんだ!」

どちらもあなたが感じたことなので大切な感覚ですが、エフォートレスな生き方へシフトしていくにつれ、「出来事や他人、自分への感じ方」が①から②へと変わっていきます。

つい①ばかり感じてしまうという人は、自分やひとを責めるのが好きだったりします。心が揺らいだとき、原因分析をするのをやめて、「これで良かった、ということかもしれない」と(騙されたつもりで)思ってみてください。そのときどこかホッとしたら、それでいいというサインです。

どうか、ご自分にYES!と言ってあげてください

これは8年前、わたしがメンターから言われた言葉です。

どんなにだめなときも「いまの自分」にOKを出し続けてみると、不思議と周りにも優しくなれます。するとエフォートレスな空気が作られ、あなたの魅力も伝わりやすくなります。結果、世界に笑顔が増えます。それでも自分を責めてしまいそうなときは、「まあ、そんな自分もかわいい」を繰り返すのもおすすめです。

 


先週は初雪でした。


紅葉と、溶け残った雪。なかなかない組み合わせ。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、自分にOKを出すことはさぼらない。

初の著書が大和書房より刊行されました。

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。