空間からエフォートレスに

January 2019

昨年末。大掃除をしていて、ふと「(2018)年内にそういえばやっておきたかったこと」を思い出し、チェルシーマーケットのお花屋さんに駆け込んでぎりで叶えた夢、の写真。こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。

枝ものを、やたら大きなガラス容器に無造作に。そんなエフォートレスなアレンジがしたいと常々思っていたことが実現しました。自分から動かないと、待っていてもどうしようもないこともある。大げさですが、こういう日常の小さなあれこれがいちいち大事かなと。

玄関からリビングにつながる廊下のような場所に置かれたチェストに、かごと花瓶。好きなものだけ、目に入って心地いいものだけ。それまでは鍵などを入れるトレイなども置いていたのですが、すっきりと。このコーナーが目に入るたびにいい気分になります。

ちょっとした空間のオーガナイズは、思い立ったらすぐ取り組めるのがいいところです。

日常しごとで後まわしにされがちなものを、あえて優先的に実行する(後まわしファースト!)。すると、ほんのちょっとのことで心が満たされ、ていねいに生きている喜び、ご機嫌でいられる理由まで手に入る。このエフォートレスな好循環の中にいることを意識して過ごしていたいです。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、空間のオーガナイズはさぼらない。

 



お花はチェルシーマーケットに行ったときに選ぶことが多いです。部屋にお花を絶やさないようにすると肩に力が入るので、たまたま通りかかったついでにくらいが、わたしにはエフォートレスみたいです。

 

★Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。お好きなQ&A記事に飛んでいただくと、記事の下部に質問フォームがございます。ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

初の著書が大和書房より刊行されました。

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。