がんばらなくてもいい?がんばってはいけない?

こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。冬の白パンツが好きです。日本で買ったPlageのパンツが、ほどよくワイドなので下に着込めてNYでも活躍。姉が試着したのを褒めていた結果、妹のわたしも買ってしまったという、姉妹ショッピングあるあるパターンで購入。

のタイトルにもあるように、エフォートレスな生き方とは「ありのまま輝く」ということ。(自分ではたどり着かなかったであろう、素敵なタイトル!大和書房のHさんの天才的手腕によるものです。ありがたい)

「がんばらなくていいんですよ」というメッセージとして受け取られることも多いのですが、「がんばりたいときはめっちゃがんばってもいい」という意味もまた、この「ありのまま」という表現に込められています。

同じがんばり屋さんの女性でも、「がんばらなくていいんだよ」と言われたときに、①涙が出そうになるくらいホッとする人もいれば、②どことなく物足りなさを感じる人もいると思います。

わたしは完全に②のタイプです。ライフコーチングやヒーリングを学んでいる間、少し無理をしながら、「がんばらない」ことを「がんばっ」てきました。 そもそも向いてない笑

意識的に「がんばらない」を続けてみたからこそ、「自分がこんなにもがんばりたかったんだ」ということもわかりました。

いずれにせよ、いったん、立ち止まってみることは大切です。ただ、素の自分が①のタイプか②のタイプか、そこに嘘はつかなくていい(というか嘘はつけない)と思います。②のタイプの方は特に!

①タイプの方・・・ゆっくり、あなたらしく、休んでくださいね(それが世界に笑顔を増やします)♡

②タイプの方・・・いまの「がんばりどころ」にしっくりきていますか?本当にがんばりたいところに100%注いでくださいね(それが世界に笑顔を増やします)♡

あなたにとっての「ありのまま輝く」=「がんばらないエフォートレス」とは、本当のところどういう状態のことですか?そこに忠実であることをおすすめします。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、実はがんばりたい自分に気づくことはさぼらない。

 

★Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。お好きなQ&A記事に飛んでいただくと、記事の下部に質問フォームがございます。ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

初の著書が大和書房より刊行されました。

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。