選択に自信が持てないときにやりがちなこと

April 2019

ブルクックリンのグリーンポイントにあるMamanというカフェにて。春らしいディッシュで目も心も元気に。こんにちは。ライフコーチの関口梓です。NYのカフェでよく見るこういうデコボコしたテーブルのエフォートレス感、好きだな〜。

コーチングセッションで、クライアントがやりたいことについてお話しされる際、その理由の説明がとても長いことがあります。そんなに理由を並べ立ててくださらなくても、その方が「やってみたい!とひらめいた」という以上に、説得力のある理由はないと思うのです。

日常でも、ある選択をするとき、「なぜ、そうすることがもっともよい決断なのか」ということを、周りにとうとうと語っていたりしませんか?

休みを取って旅行へ行く、婚活する、大きな買い物をする、転職活動を始める、ダメ男と呼ばれる彼と別れないことにする、・・

周りからすると「へ〜そうするんだ〜」くらいの印象ですが、自分が語る「そうする理由の説明」がやたら長いときは要注意です。

たとえば、悩みを相談した友人のアドバイスのおかげで、その場ではAという結論が出たとします。しかし、次の日には心境の変化もあり、やはりBという解決策を試してみたくなることがあるものです。

その次に同じ友人に会ったとき、「この間はAにすることに決めたじゃない?でもあの後、〜〜〜〜〜〜といろんなことがあって、やっぱりBにしようと思うの!」と(多少気まずいですが)説明をすることになります。

この「〜〜〜〜〜〜〜〜」の説明部分を、わたしたちはまあ長々と(それも流暢に)話します。「ころっと変わっちゃったように見えるけど、わたしの中では矛盾はないんだよ」と相手に知らせたいのです。

説明が長くなるのは、そこに何かしらの「罪悪感」があるからです。

「せっかく友人に話を聞いてもらったのに、ころっと考えを変えたようで自分勝手と思われそう」

「ちゃんと恋愛してから結婚したかったから、婚活するのは少し格好悪い気がする」

「みんないまの職場でそれなりに我慢しているのに、自分だけ転職するのは申し訳ない気がする」

こういった罪悪感を払拭したくて、なんとか周りに納得してもらえるような“もっともらしい理由”が必要になります。ここで納得させたいのは、実は「周り」ではなく「自分自身」だったりします。

コーチングセッションでもまた、一見コーチに対して「やりたいことをやる理由」を説明してくださっているようでいて、実際にはご自分にGOを出すか出さないかだけの問題なのです。

あなたがもし、女子会などでいつも長々と“もっともらしい理由”を語る「お得意のくだり」をお持ちだとしたら、一度、ご自分にGOを出すにあたり引っかかっている「罪悪感」に注目してみてください。

その罪悪感がどんなものであれ、特に意味はありません。それは言い訳にすぎません。

どうか「罪悪感」を言い訳にせず、あなたらしいエフォートレスな決断をなさってください。例え100時間、誰かに相談しても、結局はその結論になるはずですから(笑)

引越し先のお部屋も、パートナーも、ブランドのIT BAGも、一目見てピンときたらシンプルにゲットしちゃっていいのです。そこには「ピンときた」以上の理由は必要はありません♩

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、自分にGOを出すことはさぼらない。

Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。お好きなQA記事に飛んでいただくと、記事の下部に質問フォームがございます。ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

★初の著書が大和書房より刊行されました

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。