風の時代をエアリーに生きる

昨年末、220年続いた「土の時代」が終わりを告げ、「風の時代」が訪れました。(※トップページのメッセージに「20年」と誤記していました……ごめんなさい!)

風の時代風の時代って、しつこいよね(笑)でもこの一大転換期を迎えているいま、書かずにはいられません。


セドナへ向かう途中にある、パームスプリングの風力発電地帯。まさに風の時代の眺めでワクワク!

 

200年以上続いた「土の時代」の間、質実剛健に土台を築きあげ、経済活動を中心に「がんばること」を良しとしてきたわたしたちにとって、「風の時代」はいよいよ、自分らしく軽やかに舞い上がる日々に!

軽やかさ、しなやかさ、感性、個性、高揚感、自由、解放・・・・

そんなキーワードが浮かんできます。まさに「エフォートレス」そのものである在り方。

同時に、ふわっと舞い上がり、大きく羽ばたく季節だからこそ、

落ち着き、根付き、自分軸、幹を太く、深い考察、内側や水面下を見つめる・・・

こういった要素も大事になってくるかと。

「風」= “wind” を思い浮かべますが、五大元素(空、風、火、水、土)を英語で表す場合、「風」= “air”

“wind” ではなく “air” なのか・・・と知ったとき、なんかいいな、と感じました。

「エアリーな自分でいること」

これが新時代のエフォートレスではないでしょうか。

部屋も心も人間関係も、そのつど、風通しをよくしておく。

健やかな風が吹いている状態をできるだけ「キープ」したいものですが、本当はこの世では何ひとつ「キープ」できることなんてありません。

だからこそ、そのつど、そのつど。

埃が積もる前にさらっと払う。汚くなる前にさっとふく。モヤっとしたらジャーナリングをしたり誰かに話したりしてすっきりさせておく。自分の気持ちを下げるものごととは距離を置く。

このような素早さや精密さが必要になってくるでしょう。

そして、それよりも大切なことは、埃が積もり積もって、汚れも溜まり、モヤモヤがストレスに変わって一大化してしまっても、、、自分を責めないこと!

気づいたその瞬間から、その地点からまた、淡々と始めればいいのです。

クヨクヨしない。こだわらない。やたら罪悪感をもたない(=ギルトフリーでいる)。

といった、軽薄なくらいの「あっさり感」も、風の時代の必須アイテムとして常備しておきましょう。

風の時代を生きるエフォートレス的な心構えについては、また「そのつど」書いていきたいと思います。

 

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、エアリーな自分で生きることはさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA
→日替わりメッセージ「本日のコーチング」をチェックする

 

風車って、必ずしも一斉に回っているわけではなく、風が吹いているところだけ回転しているもの。あたりまえだけど。風が止んでいるときは、自分も止まっているしかないし、それでいい。風まかせに生きるのは、最初は思い通りにいかないことへの忍耐が必要だけど、慣れるとものごとが前よりスムーズに流れていくようになるんだよね。

 

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。