除けて、除けて、除けまくる!それでOK♡

ライフコーチになるための養成プログラムを受けていたときのこと。

師匠であるアラン・コーエンが、あるデモンストレーションをしてくれました。

まず、受講生のひとりが前に出て、アランと向かい合って立ちます。

アランはティッシュを一枚取り出し、鼻をかむフリの仕草をして、そのティッシュをくしゃっと丸めました。

そして、そのティッシュを受講生に向かって投げたのです。

受講生は、(いかにも日本人的だなと思うのですが)反射的にそのティッシュを床からぱっと拾い上げました。

そこでアランが尋ねます。

「いま、なぜティッシュを拾ったのですか?汚いものなのに?」

受講生の答えは、

「・・・思わず、習慣的に拾ってしまいました」

というもの。わたしもきっと同じことをしていたかと思います。なんかね、ゴミは拾わなきゃみたいなね。

会場全体に、「いったい何が起きているの?」という雰囲気が広がる中、アランは次のように伝えてくれました。

「わたしたちは普段、自分にぶつけられた『嫌ではあるけれど我慢できそうなもの』を習慣的に受け入れてしまうことがある。それでもよく考えてみて。これがもし、本当に汚れたティッシュだったり、危険物だったとしたら、きみはきっと、全力で除けていたんじゃないかな?(笑)」

 

本来は「全力で除けるべきもの」を、「このくらいは我慢の範疇かな」と何気なく受け入れてしまっていること。誰にでもあると思います。

うっすらとでもモヤッとさせられる言葉、なんとなく流れてくるSNSのフィード、家族の余計な一言、職場での関わりたくないあれこれ……

それ、除けていいんです!それは逃げじゃない(っていうか逃げていいしね)。人間としてまっとうな原始反射だから。

子どもの頃、浅い川や池なんかで、飛び石をぴょんぴょん渡ったワクワク感を思い出しながら♡

本当に大切なものごとに邁進するために、自分を惑わすものはすいすいとかわしていけたらいいですね。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、障害物を身軽に除けていく遊びはさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA
→日替わりメッセージ「本日のつぶやき」をチェックする

 


これ何の自撮り?笑 車の運転が楽しくてたまらないこのごろです。

 

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。