一時帰国!東京編

May 2019

こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。東京〜福岡の一時帰国が終わろうとしています。

上野の東京都美術館で開催されていたクリムト展、空き時間に旦那くんとさっと見に行けて大満足!都内の方は「いつでも行ける」と思うほど後回しになったりするものですよね(NYでもそうなるんですよね‥)。モメンタムが発生したら、旅の途中の「いましかチャンスはない!」という感覚を思い出せたらいいですね。

東京での対面コーチングでお会いできたみなさま、ありがとうございました!前回の東京セッション同様、関西方面から泊まりがけでいらしてくださった方もいらしたりとありがたいことです。そういう方は「わざわざ足を運ぶ」というアクションを起こされている時点で、コーチングは終了しているのかなと思います。

大切な時間とお金を、やりたいこと(モメンタムの波に乗る)のために使うというのは、何よりの「自分にかけてあげる愛情」ではないでしょうか。わたしも見習って、モメンタムを叶えていかねばと思わせていただきました。

次回の日本での個人セッションは未定ですが、本の読者のみなさまにお会いできる機会をまた作れたらと思っています。

 


今回の帰国は途中まで旦那くんも一緒だったので、荷物関連が楽々〜。毎回、空のスーツケースを持っていき、日用品など日本から持ち帰るものを詰め込みます。足元は安定のエアマックス。全然足が疲れないし、きれい目な格好に合わせてもいい感じの外しになってくれるので、今回の日本滞在ではほぼこれでした。


ホテルから見えた東京タワー&富士山。改めて感じた汐留の便利さ。都内のどこにでも出やすい!新宿だけはちょっと遠いかな。そして新宿の帰りに山手線外回りに乗ってしまったわたしって…… すごく確かめて乗ったはずなのに……めっちゃ遠かった。東京に15年くらい住んでいたのに?やばいよね。基本抜けています。普段の生活、手続き系などはほぼ旦那くん頼り。


メンターシッププログラムのクライアントさんにも直接お会いできました♡半年間、ほぼ親戚のおばちゃん感覚で寄り添わせていただいてますが、直接お目にかかるとまた違うエネルギーが湧いてきて、二人して気づきのレベルも上がったような♪クライアントさんがホッとする答えにたどり着いたとき、その目安は「わたしも」ホッとすること。今回は、クライアントさんの賢さのおかげでそういう結論にたどり着けた感じがして、充実したセッションでした。

他にも、出版社との打ち合わせ、コーチ仲間のいつメンたちとのホッとする集まり、数年ぶりのソウルメイトとの再会など、、、今回の東京滞在も濃かったです。東京って人が多くて疲れる〜(NYのほうがエアリー)と感じたものの、3日もいれば慣れるね笑 ほんと、世界のどこにいても楽しいこの頃です。

ではでは、福岡編などに続く予定・・

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、山手線の方向確認はさぼらない。(まじで!)

 

★初の著書が大和書房より刊行されました

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。