今後のコーチングについて思っていること

こんにちは。LA在住ライフコーチの関口梓です。「LA在住」って、まだ慣れない響き!

今日からメンターシッププログラムのセッションも無事に再開です。オンラインでのプライベートセッションは毎週木・金・土に集中して入れていたのですが、NY-LAの時差の変化とクライアントさんたちのご都合を考えると、今後かなり絞られてしまうことに。ご迷惑をおかけしています。そういう流れなんだろうな。

4月に、プライベートコーチングの個々のご予約の受付を終了いたしました。現在、関口のプライベートセッションは、半年間のメンターシッププログラムのクライアント様のみを対象とさせていただいております。(一時帰国の際はまた募集するかもしれませんが)

わたしのライフコーチングの究極の目的は「クライアントさんがご自身の底力に気づき、コーチングの必要性を感じなくなること」。

だからこそ、個人へのコーチングを超えていく段階に来ているようです。今後は、サイトや書籍を通して「気づきたい人は気づいちゃってくださいね〜」と、大雑把なくらいに(笑)お伝えしていくのがちょうどいいかなと感じています。

ビジネス的にはいまこそコーチングセッションを増やしていくタイミングなのだろうけど・・本質的にエフォートレスをエフォートレスに伝えていくには、「大雑把」がいい。どうしてもそこに自分のしっくり感があるのです。(だから説明は要らないですね)

コーチングを受けにくる人たちは、みんな何かしら悩んでいます。悩んでいる状態というのは、自分の本当の力を認めたくない“大人のイヤイヤ期”にすぎません。だってね。自分の輝きを知ってしまったら、どれほどのことができるか知ってしまったら・・・・やらなきゃいけないじゃん!!笑 博多弁で言えば「やらないかんくなるやん?」

悩んでいるのは苦しいように見えて、、、「ありのまま輝く」という決断の先延ばしをしているだけです。決断には痛みがともないますからね。

わたしたちの底力、認めるのは怖いですが、怖いまま認めちゃいましょう。それが最も効率的な悩みの解消法です。高いお金を払ってセッションを受けなくてもいいのです。←メンターシップのクライアントさんたち全員に対しても本気でそう思っています♩

明日は久しぶりにQ&Aコーナーをアップしますね(ちゃんと投稿予約したので確かですw)。たくさんご質問いただいておきながら、返事が遅くなりごめんなさい!LAに来てから、仕事がはかどるはかどる!まだ仮住まい中で、クリーニングサービスもあるので、ちょっと駐妻っぽく?優雅に過ごせているような。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、怖いまま輝き始めることはさぼらない。

 


LAのネイルサロンにも挑戦してみた♩さすが、ほぼ屋外っていうね。でもちょっと寒い・・


オーガニックジェルネイルというものにしてみた。心機一転、ピュアホワイトで♡LAの人々、やはり陽気で明るいなあ。喋りやすい人が多い。初めて英語浸けになったアナザースカイなだけに、この辺りの発音が聴き取りやすいみたいです。ニューヨーカーのシャイな感じも好きだったけど。

 

Q&Aコナーへのご質問を募集しております。お好きなQA記事に飛んでいただくと、記事の下部に質問フォームがございます。ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

★初の著書が大和書房より刊行されました

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。