姪っ子の進化が止まらない件

久しぶりにイギリスにいる姪っ子(15歳)&甥っ子(13歳)とビデオチャットしました♡気づいたら3時間以上も話してた…… オバなぞに長時間付き合ってくれるって、なんていい子達なの♡

留学3年目の姪っ子はコロナ事情により、冬の間は日本でリモート学習だったそうで、日本のお友達とたくさん過ごせたことを嬉しそうに話してくれました。(青春やね〜)

「それな」「言うくない?やるくない?」「〜〜しか勝たん」などの若者用語の使い方を教えてもらったり(笑)菅田将暉と有村架純の映画のチケットをインスタストーリーに上げるのが流行っているらしい(笑)

う・け・る!!!

姪っ子はイギリスで学校以外に、ファッションスクールというものに通っています。ファッションデザインや洋裁について学ぶ、専門的な習い事というイメージでしょうか。ロンドンを中心にイギリス各地に分校をもつ歴史のあるスクールで、イギリス全土のファッション好きな子どもたちが学んでいる場所だそう。

これが、すごいのです。

姪っ子が選抜されたプロジェクトでは、

・本物の英国ファッションブランドとコラボ

・そのブランドが使っている生地を与えられる

・ブランドコンセプトを自分で調べ、それに沿ったデザインを考え、服を作る

・完成した作品は自分がモデルとなり、服の魅力が伝わるような映像として仕上げる

ということを10代の子たちがやっています。

姪っ子の作品は、ジャパニーズを意識したエッジの効いたもので、彼女のルーツ、桜、J-POP、故郷から飛び出しどの世界にも固執しない自由で伸びやかだけど少し寂しいときもある……そんな感性が表現されていて、本当に魅力的でした。彼女の作品映像は、ファッションスクールのインスタでも公開されてました♡ここに載せたかったけど、重すぎて断念……

このファッションスクールのプロジェクトは、アレキサンダー・マックィーンなども協賛していたり、川久保玲を輩出したセントマーティンズからも若い才能の発掘場所として注目されているそう。

何がすごいって、、、

ファッションデザインがしたいという夢があるとしても、その夢を10代の前半からここまで深堀りできるというところ!

わたしの時代で言えば、、キングカズが13歳でブラジルにサッカー留学をしたという情報に驚いた、あの感覚に近い。あと、『耳をすませば』の天沢聖司が高校進学ではなくイタリアでバイオリン造りの修行をするという選択肢に「まじで?」と思ったやつね(笑)あとあと、90年代における宇多田ヒカルの登場もそうだけど、倉木麻衣が高校生なのにLAでボイトレやレコーディングしたとか(笑)どんだけ古い例えが飛び出すの?

語学のためではなく、専門的な何かを身につけるために義務教育を飛び出して海外に行く。(姪っ子はちゃんと学校に属して勉強もしていますが)

それを平然とやっている姪っ子には尊敬しかありません。

すでにね……彼女曰く「楽しいことだけじゃない」らしい。

そうだよね。ただ好きでやっているだけではない苦労や業界の本質、自分が選ぶ道は本当に世の役に立つのかという疑問など、夢に向き合うからこそ起こる難題にも直面している。

わたしからするとそれすらうらやましいのです。早いうちに経験しておいたほうがいいに越したことはないから。

とにかく、オババカを超えて、もうなんだかすごすぎてついていけない……姪っ子はそんなところでがんばっているみたいです。

もうオバができることといったら、ZARAeギフトカードを贈ることくらいですよ(笑)

そしてこの春から、甥っ子もまた姪っ子と同じイギリスの学校に留学することに。

コロナ時代だからといって、選択肢は狭まっていないのですよね。

今後さらに、この時代であろうと(この時代だからこそ)、若者が自由に道を選べるような配慮が社会レベルでなされていきますように。

 

過去のオババカ記事もよかったらどうぞw
→空色ガール夢をどんどん叶える、の巻

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、夢へ道を枠を外して考えてみることさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA

 


お正月に話したときかな?何歳になってもかわいい〜〜〜〜〜

 


ブライントンビーチで駆け回る甥っ子。新しい生活でも君らしくフラットにね!わたしもいつか彼らを訪ねてイギリスへ行きたい!

 

→書くセルフケアですっきりをキープ!今週のジャーナリングお題をチェックする

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。