「ひとさじの可能性」それだけでパワフルになれる!

実家の父が、最近、断捨離にはまっています。

「毎日、ゴミ袋ひとつぶんモノを捨てる」と決めて、すでに数ヶ月ほど実行しているみたい。

1日ひとつ何かを捨てるというのはよく聞くけれど、一袋って(笑)エコかどうかはちょっと置いておきましょう。

あの年代の男性にしてはすごいことなのではないかと思います。長い人生で培ってきたものや得てきたものを手放したくないという気持ちが大きい世代だと思うので。

本人としては「終活」のつもりだそうですが、むしろどんどんパワフルになっているように見える(笑)ゴルフのスコアも良くなったらしい。

父と電話で話したときにその話になり、何気なく、

「じゃあ、空いたスペースに新しいものごとがじゃんじゃんやってくるね!」

と伝えたところ、さらに俄然、やる気になったそうです(母から聞いた後日談)。これぞ親コーチングw

人間は幾つになっても、「自分の可能性」を感じられるとそれがそのまま生きる活力となるもの。

反対に、未来に可能性を感じられないときは、人生がぼんやりして気力が湧かないという鬱のような状態に誰もが陥ると思います。

「自分の可能性」といっても、大袈裟なものではなくていいのです。今日明日の自分がほんのちょっと、いまより良くなっている感覚さえあれば。

そのささいな感覚をつみあげていく楽しみ(=自分らしい暮らしの習慣)をもっているか?

もう一度問い直し、「自分の可能性にワクワクするためにできること」をテーマに書き出してみてはいかがでしょうか。

○Youtubeのエクササイズ動画を観ながらのワークアウトを日課にする(これは現在のわたしです笑)

○仕事帰りでくたくたに疲れた夜こそ、自分を労るための簡単な自炊をする(レシピを検索しておいたり、食材買い出しのルーティンを見直したり)

○次に行ってみたい旅行先についてリサーチする

○この年齢ではもう始めても仕方ないと思い込んでいること(転職、習い事、資格取得、学び)を始める

○あなたからみて「年配の人」と「若い人」に該当する人たちと話して、ヒントや勇気を与えたりもらったりする

 

ちなみに、、、

去年の夏に始めた「スクワット1日100回 」、あれからゆるーくこつこつと続けて、本日なんと、合計回数2万回に到達しました!笑 数えてる自分が怖いよね、でも数字をレコーディングするのが楽しくて続いたという節も。40歳にしてはわりとプリお尻になったかと(笑)背中や腹筋も線が入り、太ももの裏はかっちかちに!階段で息も切れなくなりました。ストレッチやエクササイズ熱が高まり、Youtubeワークアウトもやるようになったし、いいことだらけです。

ダイエットにしろ勉強にしろ、「欠点を補うため」ではなく「可能性を感じたいから」やろうと思えば楽しくなるし、目標までのスピード感が変わります。

春から初夏にむかうこの素晴らしい季節!「ちょっとした新しい可能性」に目を向けてみてはいかがでしょうか。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、どんなときも新しい可能性に目を向けることさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA
→書くセルフケアですっきりをキープ!今週のジャーナリングお題をチェックする

 

 


毎朝オートミルクラテを淹れるひとときが、その一日の可能性を感じさせてくれます。ていねいに、向き合って、今日という日を生き抜いていきましょう。大袈裟じゃなくね。エフォートレスに生き抜こうね!

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。