【Q&A】海外で働く?30代、いいかげん自分の夢を叶えたいです

Q.  ホームステイや留学を経験したこともあり、海外に行くような仕事、もしくは海外で働きたいとずっと思っていますが、どのような仕事に就きたい、というのがなくどの会社の求人をみてもピンときません。
しかしもう30代に入ってしまったのでいい加減自分の夢を叶えたいのですが、イマイチすっきりしない状態です。どうすればいいでしょうか?
(りんさんよりご質問をいただきました)

A.  海外に関わる=イメージで語っているだけの夢、という可能性も。本当にやりたいことを見極めるために、漠然と生きるのをやめてみませんか?

 

ご質問ありがとうございます。海外での素晴らしいご経験をお持ちなのですね。

「海外と関わって働きたい」とおっしゃる一方で「どのような仕事に就きたいというのがない」と矛盾を抱えていては、すっきりしないのも当然です。

「いい加減自分の夢を叶えたい」というお言葉は「いい加減、自分の納得いく生き方を始めたい」というようにも聞こえます。

りんさんが本当に求めているものは、「漠然と生きるのをやめる」ことかもしれません。

海外で過ごした経験があると、自然とそれを活かした仕事がいいと思えるのはわかります。ただ、それが本当の願いなのか、「そうしないともったいない、留学した意味がない、わたしの価値はそこにしかない」といった思いからなのか、見極めてみませんか?

というのも、誰しもが「パターン化された夢」を語り続けることで、経験とともにいつしかその夢が微妙に違うものに変わっていたとしても気づかず、ずっと前に描いた古いイメージを「これがわたしの夢!」と思い込んでしまうことがあるからです。

「思い込んで語り続けている夢」と「本当にやりたいこと」の違いを見極めるのは簡単です。

「本当にやりたいこと」のほうは、すでに実現しているか、それに向けてすでに何かしらの行動を起こしているはずです。つまり、本能的に動き出さずにはいられないはずなのです。

りんさんの「海外に関わって働きたい」という夢はどちらだと思いますか?

「求人を調べる」「質問フォームで相談する」など、りんさんが少しずつ動き出されていることは確かですので、このまま海外へ突き進まれるということももちろんあり得ます。

その場合は「企業で働く」という形式以にも、再び海外で学ぶ、海外でパートナーと暮らす、海外ボランティアをするなどの選択肢も考えてみられてもいいのではないでしょうか。

そして、その夢が叶うまで、日本でできること・やりたいことに没頭してください。出会うべき人、やるべきことを楽しんでくださいね。

また、「どの会社もピンとこない」ということは「いまは、動かなくてもいい」というサインかもしれません。ピンと来るまで待つのもありです。もしくは、ピンとこないまま動き出すことで何かが見えてくるというパターンもあります。すべては、りんさん次第です。

一方、もし、海外に関わることが「夢だと思い込んで語り続けているだけのイメージ」だとしたら、漠然と生きるのをやめるタイミングが来ています。

りんさんがどうしてそんなに海外に惹かれるのかを、一度、徹底的に洗い直してみましょう。

次のテーマでジャーナリングしてみてください。

○そもそも、なぜホームステイや留学をしたのか?そこで何に感動したことが、海外への憧れへ繋がったのですか?

○海外で働く夢が叶ったとしたら、現状のライフスタイルと何が変わりますか?その変化は本当にりんさんが求めている変化ですか?

○海外✖️りんさんというコラボレーションは、将来、どんな人たちを喜ばせること(貢献)に繋がりますか?

○日本で素晴らしいお仕事とパートナーに恵まれ、充実した日々を過ごしているとしても、まだ海外に住みたいと思いますか?

○将来、海外に関わる仕事をしていることで、人からどんな風な言葉をかけられると嬉しいですか?(「かっこいいね」「やりたいことをやってて羨ましい」「りんさんにぴったりだね」など)

○これほどまでに海外への思いがあるのに、留学以来、これまで違うことをしてきたのはなぜですか?

○日本にいることの最大の魅力は何ですか?それを捨ててでも、海外に住みたいですか?

○30代で他のことをして、もし40代になったとしてもまだ、海外への夢を捨てずに持っていると思いますか?

これらの質問に答えることで、りんさんが海外に惹かれる「エッセンス」と「覚悟」が見えてくるかと思います。そこにはりんさんが「人生で大切にしたい価値観」が含まれているはずです。そこに忠実でいれば、どこで何をしていようと、漠然と生きることはなくなります。

自分らしく輝くために、海外で活躍という場を求めるのもいいですが、先に「こう生きたいんだ」という軸を確立して、いまのりんさんのまま輝いちゃってください。あなたならできます。

そのナチュラルな光が、しっくりくる未来へのナビゲーションを示してくれます。

※海外で働くイメージを高めるのに、こちらの雑誌特集もおすすめです。

Be EFFORTLESSサイト会員のみなさまは、下記のフォームよりご質問をお送りいただけます。
Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。