コロナワクチン体験談をご参考までに

昨日も書きましたが、今朝、コロナワクチンの2回目を打ってきました。

これから日本でもワクチンを接種する方が増えていくと思うので、報道などでご存知の情報かもしれませんが、いち体験談として記しておこうと思います。

どのワクチンにするか、どんな副作用が起きたか、接種するタイミング(生活スタイルとの兼ね合い)などのご参考にしていただけたら幸いです。

アメリカでは4月中旬から一般への接種が予約可能に。ワクチンは、ファイザー製(2回接種)とジョンソンアンドジョンソン製(1回接種)から選べます。

知り合いで先にワクチンを受けた人の情報では、接種が一度で済むジョンソンアンドジョンソン製ワクチンは、接種後に38度台の高熱が出た人が複数いたので、夫とわたしは、2回接種のファイザー製を選びました。(でも、高熱でも1回で済んだほうがいいという考え方もありますよね)

1回目の接種(三週間前)では、朝8時半に左腕に注射して、11時くらいから腕がひどい筋肉痛のような状態(少しでも動かすと「イタタタッ!」と声が出て、できれば横になっていたいレベル)になりました。

その後13時ごろには、激痛がすっと収まり、その後は緩やかに痛いかな?という感覚が翌朝くらいまで。熱は367くらいまで上がりました。

ですから、これからワクチンを受ける方は、利き腕じゃないほうの腕に接種することをお勧めします。

それでも、お子さんを抱っこしたり、重いものを持ったりするのは難しそう。わたしの場合だと車の運転は無理だと感じました。痛みと怠さで、家事や仕事が手につかない人もいるかもしれません。夫のほうは、腕が痛いといいながらもリモートワークを普通にこなしていました。

1回目の副作用としては、筋肉の痛みは程度の差こそあれ発生する前提で、発熱や怠さは人によるのかなと思います。

そして、今朝、2回目の接種。

1回目の筋肉痛のトラウマと、2回目の接種後は怠さや発熱にみまわれやすい(先に受けた夫も微熱で怠そうだった)という予備知識だったので、帰宅後は、いつ倒れてもいいように(笑)ある程度まとめて家事をやっておこうかと。。。

そんな「いまやっておかないと後がない」という状況で始めたところ、はかどるはかどる!気がつくと、普段やらないところまでしっかりめに掃除などを終えていました。いつもこうならいいのにね(笑)これ、コロナワクチンあるあるなのかもしれません(←ちがうだろ)

今朝8時半に接種し、現在15時をまわったところですが、1回目のときのように腕が上がらないといったこともなく、接種部分だけに少し筋肉の痛みを感じるくらいです。

この後、夜にかけて熱が出るかな?念のため、今日明日は外出などの予定は入れないようにしてあります。

明日、またリポートしますね。

ワクチン接種もエフォートレスに!

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA
→書くセルフケアですっきりをキープ!今週のジャーナリングお題をチェックする

 


2回目の接種後、こんなシールをもらいました♡法的効力はないものですが、一応パスポートにぺたりとしておきました。アメリカでは、コロナワクチンはドラッグストアにてファーマシスト(薬剤師)さんが打ってくれます。その後店内で15分待機し何事もなければ帰れます。薬剤師さんが投与……。筋肉注射だからできそうなものだけど、日本だとあれこれ規制が難しそう。アメリカという国よ!いろんなことが大雑把で普段はマジですか!?と思うことだらけだけど、こういうときは合理的で助かる!今日もファーマシストさんと楽しく世間話をしながらあっというまの接種でした。どんなときも楽しく明るく仕事をしている人に関わるのは嬉しくなるものですね。アメリカという国の懐の深さに感謝しつつ……

 

 

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。