LA版 朝のひとときの変化

LA在住ライフコーチの関口梓です。

ニューヨークとロサンジェルスの生活で違いを感じるのは、フルーツや野菜の新鮮さです。同じホールフーズマーケットに置かれている食材でも、産地が近いことから、カリフォルニアの作物のフレッシュさには驚かされます。日系スーパーの食材も、マンハッタンと比べてとても新鮮。ニューヨークではなかなか手に入らなかったオクラが大量パックでお安く売っていたり。(わたしが住んでいたのはマンハッタンなので、郊外の大きな日系スーパーはまた違うと思いますが)

そして、きゅうり!ニューヨークでは、日本っぽい細長くて水分量の多いきゅうりは希少で、しなびる寸前の細いきゅうりが2本で8ドルとか…嘘のような値段でなかなか手が出なかったのですが、、こちらでは太くて棘もピンとしたシャキシャキきゅうりが安く手に入ります。嬉しい・・・ 長年の「きゅうり問題」が解決し、冷やし中華や棒棒鶏、ピリ辛きゅうりを思う存分楽しめます♡ぬか漬けも再開したいです。

そんなLAライフ。朝時間の過ごし方も少し変わりました。朝ごはんを食べたい気分のときは「朝クレープ」!

新鮮なオーガニックフルーツが美味しいからこそのモメンタム。特にキウイを美味しく感じます。クレープは、小麦粉にそば粉パンケーキミックスを少し混ぜてガレット風。チョコレートソースはアーモンドミルクで作ると美味しい。

来月までは仮住まい生活が続くので、本格的なキッチンツールが揃っていない状態で過ごしていますが、クイジナートのクレープパンをポチってしまった…。いまはものを増やせないのにね。でも買って正解!クレープ以外にも、コンチネンタルブレックファスト風の目玉焼きや薄焼き卵が上手く焼けるので、めちゃくちゃ使えてエフォートレス。お好み焼きにもよさそう。

 

旦那くんのお弁当も、買い出しやキッチン環境に制限があるはずのいまの方がエフォートレスなペースで作れるのはなぜ。LAはずっと快晴が続く気候のせいか、時間がゆっくり流れている気がします。朝も忙しい気分にならない。旦那くんも自然と、以前より早く出勤していたり。それでもバタバタした気分がないという。不思議な場所です。

というわけでお弁当づくりも余裕な気分で。引越し前に使っていたような、蓋が保冷剤になったり、曲げわっぱのランチボックスじゃなくても、タッパーで充分。前は「朝つくる」ことにこだわっていたけれど、もう前日に全てを詰めておいて、会社でレンジを使ってもらうシステムに。

前にもこういうこと書いてました→「お弁当作り✖️エフォートレス」 このときはパイレックス容器や保温容器を使ってる。そこからさらにジップロックタッパーをチンすればよし!までエフォートレス度合いが上がりました笑

「いまは仮住まい中だから、本格的な生活が始まるまではとりあえずこれでいいや〜」の精神が、エフォートレスにつながることを発見。

がんばらなければと苦しくなるときは、「いまは地球に仮住まい中だから、とりあえずの精神で過ごそう」くらいに思ってみるのもいいかもしれません。(地球、は飛躍しすぎ?笑 でも視点を広げるとはそういうこと)

朝のひとときの変化は、ライフスタイルの変化につながる。その辺りは本にも書いています♡

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、朝時間にときめくことはさぼらない。

 


朝、ちょこっとヨガとオーラソーマプロダクトで、体をスッキリさせる時間にもときめきます。


きゅうり問題の解決、日系スーパーへのアクセスのしやすさ、クレープパンの投入、LAの温暖な気候・・・などの影響より、冷やし中華ランチの登場回数が急上昇。旦那くんも喜ぶしね。具材は前の晩に用意して、朝は麺を茹でてごま油を絡めるるだけ♡エフォートレスすぎる・・自分用ランチにも♡冷やし中華万歳!

 

Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。QA記事のいずれかへ飛んでいただくと、記事の下部に質問フォームがございます。ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

★初の著書が大和書房より刊行されました

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。