ワクチン接種、一夜明けて

昨日の続きです。

さて、コロナワクチンの第二回目接種を終えて、一晩が経ちまたした。

結論からいうと、多少の発熱と大きな怠さあり、でした。

昨日の朝、ワクチンを打ち、その後は夜まで多少の腕の痛み(注射した二の腕のあたり)はあるものの元気でした。体温は平熱で363くらい。

22時ごろベッドに入り、うとうとしつつも少し寒気を感じていました。その後「これはもう発熱しているな」という圧倒的な怠さとが襲ってきて、同時に注射した腕の痛みが強くなっていました。検温したところ、体感は37度5くらいいってそうでしたが、意外と365。熱は決して高くないのにこの強めの怠さは何!?という感じ。

寒気と怠さでうんうんと苦しむ時間が過ぎて、夜中の2時くらいにパッと治りました。その後はよく眠れて、今朝から普通に活動していますが、やはり怠さは残っています。体温も3656くらいが続いています。

腕の痛みについては、今朝ほとんど治まっていましたが、夕方の現在も動かすと少しだけ違和感があります。日常生活を送るには問題ないレベルです。

ちなみに夫が2回目の摂取を受けたときは、その日の夕方くらいから発熱し、夜じゅう怠かったそうです。

特に2回目には副作用が出やすいことをふまえ、コロナワクチン接種をお考えの方には、

○利き腕じゃないほうの腕に打つ

○接種後の1~2日は予定を詰め込みまない(運転や力仕事ができない可能性がある)

○症状がないと感じていても、意識的に水分補給を多めにしておく

○接種前に、家事や食事や仕事など、寝込んでもいいような体制を整えておく

これらをおすすめしたいと思います。

ワクチンを打っても、変異種の問題もあるし、ファイザー製は6ヶ月後にまた摂取しなければならない可能性もあるそうで。。。

でもやはり、気分の問題ですかね!一時期はコロナ危険度No. 1にまで上りつめていたカリフォルニアに住む者として、なんだか楽になれました。カリフォルニア州は、6月には公共の場でマスクをつける以外、ほぼすべてが元通りになるそうです。

日本もいまでこそ緊急事態宣言下で大変でしょうが、飲食店が時短でも開いているだけ(だめだけど)うらやましいと思ってしまいます。「今日くらい、ちょっとくらいいいよね」ができるわけですから。それがないと自粛はかなりのストレスだもの。。。

アメリカは本当にきつかった!去年、レストラン内で食事をしたのは旅行先でたったの2回……(涙)あれとあれを食べたね!とはっきりと記憶しているレベル。デパート的な場所にもほとんど行くことはなく、映画館はずっと閉まっていたので一回も行かずじまい。

夫以外の人と生で長く会話を交わしたのは、2人だけ……(美容師さんと夫の会社の後輩さん、しかもそれぞれ1回ずつ…)。そのくらい人に会っていません(これはいまも続いています)。

わたしの場合は、オンラインでコーチングのクライアントさんと定期的に話をする仕事だったことでどれだけ救われたか……

夫も今年の3月まではずっと完全リモートワークで、時々オフィス出勤ということすらなしでした(たまーに行くことはあれど5分程度で用事を済ませ退社)。

現在の日本の緊急事態宣言下で、あれもこれも制限されていると窮屈に感じるとしたら、「それでも、他の国で自粛するより、日本での自粛は悪くない」と考えてみてくださいね。下を見よう笑

コンビニもあるしさ~(そこ?笑)♡ マスクをすれば本屋さんにも行けますよね?映画館ですら開いていると聞きます。モールは時短で営業しているそうだし、サウナやスーパー銭湯も空いてるってさ・・・うらやましすぎる・・・

自粛中に他人に厳しくなりすぎてしまうくらいなら、自分に甘くすることも大事だと思いますよ。

「ズルしてもいい」

日本人が教育を受けるうえでもっとも「ダメなこと」とされてきたこの価値観を、いまこそほんの少しゆるめて、かわいいズルをちょこちょこと補いつつ、なんとかこの時期を乗り切っていきましょう!

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、他人に厳しくならない程度に自分もズルしちゃうことはさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA
→書くセルフケアですっきりをキープ!今週のジャーナリングお題をチェックする

 


去年の10月、ロックダウン以来初めて、ロサンゼルス郡を離れ、サンタバーバラの海辺のレストランへ♡嬉しすぎました……絶品のカラマリ〜♡実は今週末もサンタバーバラへプチトリップの予定です。

 

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。