すべての「やらない言い訳」が示していること

LA在住ライフコーチの関口梓です。「本音にピンと来ない問題」についてもう少し。

人がやりたいことに踏み出さない「言い訳」には、いろんなパターンがあります。

  • 時間がない
  • お金がない
  • 人脈がない
  • 若さがない
  • 本当にそれがしたいのかわからない

……これらの「○○がない」はすべて、次の言葉に置き換えられます。

つまり、そのことに「関心がない」。

まさか!こんなに悩んでいることに対して関心がないわけがない!そう思うかもしれません。しかし、本当にやりたいことをするのに、本来、言い訳は必要ないはずです。

言い訳という壁で囲んだ内側に大切に保管しているはずの「やりたいこと」など、本当は大して関心がない(のに関心があるふりをしている)、取るに足らない悩みなのです。

では、なぜわたしたちは、その程度の悩みがいかにも重大であるようなふりをするでしょう?

それは、もっと重要なミッションに対して目を背けたいから。

夢は義務なのに、動き出す(痛みを引き受ける)のが怖いから。「二流の悩み」に時間を使うことで本質と向き合うことをごまかしているのです。

どうせ苦しむなら、本当に関心が持てる「一流の悩み」にしませんか。自分で納得のいく生き方をするためには、自分はどんなことに関心を持っているのか、知っておくことが大切です。

関心とは、覚悟でもあります。

「ごまかすのをやめるとしたら、この人生で、本当に関心が持てる課題とはなんだろう?」

これはあなたのライフワークにも通じる質問です。一度、ゆっくり向き合ってみてはいかがでしょうか。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、一流の悩みに向き合うことはさぼらない。


ベージュ&切りっぱなしがエフォートレスなZARAのデニム。LAの空気にフィットする気がしてよく着ています。自己満のしっくり感は、日々を過ごすのにとても大切。

Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。QA記事のいずれかへ飛んでいただくと、記事の下部に質問フォームがございます。ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

★初の著書が大和書房より刊行されました

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。