• HOME
  • ALL
  • ARTICLE , MINDSET
  • 仕事の休みが少ないストレスを解消:ハワイに行かなくてもリラックスできる方法

仕事の休みが少ないストレスを解消:ハワイに行かなくてもリラックスできる方法

ARTICLE

SUMMARY
仕事が忙しくて休みが少ない、たまのお休みも家事などでつぶれてしまいがち。そんな人のための「わざわざハワイに行かずに」心をホッと緩める方法をご紹介します。

こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。

どんなに仕事が忙しくても、心が充実していれば苦にならないもの。ただ、やりがいを感じられない作業に追われたり、自分らしいペースで進められずにイライラすることもありますよね。そんなときは「もうやってられない!ハワイにでも行きたーい!」とインスタでハワイの画像を眺めてみたり…。いつも本当にお疲れさまです。がんばるあなたも素敵ですが、少し違った角度からあなたのストレスを眺めることもできます。

去年、メンターが主宰するハワイ島のリトリート(合宿形式のセミナー)に参加してきました。ハワイ。空があって、海があって、風が気もちよくて、自由で、なんでも受けとめてもらえる環境。そんな場所では、人はどこまでも優しくなれるし自分をナチュラルに表現できます。

でも、ハワイにいながら、あることに気づきました。

昨年訪れたハワイ島のフェアモント・オーキッドのプールサイド

たとえハワイのような空がなくて、海もなくて、風もなくて、自由はなく、誰も自分をわかってくれないと思える環境であったとしても、だからといってあなたがナチュラルにふるまえない理由にはならないのです。だから今、どんな場所、立場にいようと、自発的に、堂々と、ナチュラルな自分でいてください。

それにはまず、あなたならではの「ナチュラルな感じ方」を大切にすることからはじめてみましょう。

みんなが「いい!」と言っているものに
そう思えないときは正直な感想を口に出してみる。休憩や食事のタイミング、空調の強弱など、人に合わせがちな場面で自分のペースを主張してみる。流行っている映画ではなく、観たい映画を選ぶ。「これは職場にはちょっと派手かな?」とクローゼットにしまい込んでいた洋服を着て仕事へ出かけてみる。

そんなことをドキドキしながら実験しているあなたは、宇宙から見ると「なんてかわいい子なんだろう♪この子のために色々してあげたい!」と思える存在です。ナチュラルに自分を表現している人はそれだけでほかの人へのギフトになるのです。

ハワイ島の奇跡のようなサンセット♡

そりゃあね。ハワイなどのリゾートに行けば、当然、ハートもひらいてナチュラルな自分でいることも楽にできます。

でも、日常でエフォートレスな生き方を重ねている人であれば、もはやハワイに行く必要すらないのです。もし実際にハワイを訪れたとして、「とても楽しかったけど、わたしがリラックスするために、必ずしもハワイは必要ないんだな〜」と思えるのは幸せなことだと思いませんか。

わたしのライフコーチングの密かなゴールもまた、クライアントさんに「そもそもコーチングなんて必要なかった、すべて自分でも本当はわかっていた(けれど認められていなかった)!」と感じてもらうことです。外側に預けていた主導権を、自分の内側へと取り戻す。これこそ幸せに望むライフスタイルで生きる秘訣、すなわちエフォートレスな生き方の真髄なのです。

エフォートレス美人になるための質問
(1)自分ならではの感じ方(しっくり感)を大切にするとしたら、今週、何を意識して過ごしますか?
(2)あなたがもっともナチュラルに存在するとき、周りの人にどんなギフトを与えることになりますか?

この質問に答える形で、ジャーナリングしてみてくださいね。

「いまの仕事にそんなに不満はないけれど、ずっとこのままでいいのかな…?」「仕事にもっとやりがいがほしい」「自分にしかできない仕事ってなんだろう?」という方へのライフコーチング的回答もこちらにご用意しております。よろしければ合わせてお楽しみください。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、さぼらない。


プロフィールはこちら

9月21日に初の著書が刊行となります!Amazonで予約受付中です。


『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。