いい感じをキープするコツは「そういえば」と「愛でる」

昨日の記事「もし世界中の自信を全て自分のものにできたら?」の続きです。久々のブログでいきなり連続投稿するパターン……このブログってばほんとペースがランダムでごめんなさいね。アップされてるかなーって覗きにきてくださる皆様ありがとうございます。

起こる出来事に反射的にリアクションして感情を波立たせるのではなく、何が起きてもその場で「ポジティブなアイデア」を想起することで、出来事とは関係ない新しい感情が生まれるよ、という話でした。

前回書こうとしていて忘れてしまったことを追加しますと、アイデアの力で切り替える際のキーワードは「そういえば!」です。ポジティブな発想をすると決めたら、とりあえず「そういえば」という言葉に頼ることにします。

そういえば……今夜は○○の楽しい予定があるんだった♡

そういえば……最近の私は〜〜をちゃんと続けていてえらい♡

そういえば……ランチ(ディナー)にはどうしてもあれが食べたい♡

このようにちょっとしたワクワクアイデアをぱぱっと思い浮かべます。大切なのは、そのアイデアについて「どんな感じがするか?」です。

大きな喜びである必要はありません。ほんのり、じんわり、ワクワクするな〜くらいで。その感覚を細く長く深く、味わいます。このくらいならお仕事中にキーボードを打ちながら、家の掃除をしながらでもできそうですよね。

ついさっき起きた嫌な出来事ではなく、今ここであなたの力で想起したアイデアについて「どんな感じがするか?」にフォーカスする。日常にこまめに取り入れるとどんどん慣れてきますよ。

このような話をすると「それって逃げや甘えじゃないですか?」と言われそうですが。

まあね。逃げだし、甘えだし、その場しのぎの気休めかもしれません。もはや妄想に近い?(笑)本当に辛いとき、ショックが大きいときはそれどころではないかもしれない。

でも、「逃げるな」「甘えるな」と己を奮い立たせてがんばってきて、現在何かが違うのだとしたら、逆を試してみる価値はあります。

心理学、量子物理学、哲学、スピリチュアルなど、さまざまな角度から論じられていることですが、現在のあなたがどんなポジションにいたとしても、次の展開(未来の幸運)を左右する材料となるのは、その人の「感情」だと言われています。

「現在、どんな感じがしているか?」にフォーカスし、ごきげんでいるための微調整を続ける努力は必ず報われます。周りのせいだと嘆いてわめいて革命を起こす努力より、よっぽど簡単に現実が変わります。

「がんばらないけどサボらない」エフォートレスな生き方において、重要なのは「自分を、他人を、人生を、愛でる力」

そういつも言っていますが、「愛でる」アイデアを浮かべたり、「愛でる」アクションをして「嫌な感じがする」という人はいません。対象がなんであれ。オリンピックを観ていて高揚するのも、選手たち自身や彼らがたどってきた道を心の底から愛でているるからです。

いい感情を作り出すのに「愛でる」という行為はやっておけばまちがいない、テッパンアクションなのです。

(珍しく)まとめると

○次の展開を決めているのは感情!

○感情を「いい感じ」にしておくことにフォーカス(努力の方向性を変える)

○「いい感じ」が途絶えたら「そういえば……♡」を使う

○どんなときもその場で「愛でられることはないか?」と探せる人は最強

いい感じで存在している人は、何もしていなくてもそれだけで貢献度が高い、この世の宝なのですよね。

今日も、あなたの場所に、あなたがいてくれて、あなたでいてくれて、ありがとう。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、切り替えて愛でる感情の微調整はさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA

 


本当は今週、日本に帰国しよう思っていたのですがまた延期(延期の延期)・・・でも「そういえば」、LA土産をちょこちょこ揃える作業は楽しいものです♡渡すのはもう少し先ですけどね。フレンズのマグカップはしれっと自分のぶんを購入wハリウッドの大通りにあるLA・LA・LANDという超巨大なお土産物屋さんにて。

 


ハリウッドならではのこんなのもありますwwwうける!姪っ子に渡したいアワード!でも空気読んで買いませんよそこはね(これ以上要らないものってないもんね)。後ろの「BEST AUNT賞」はぜひ自分に受賞させてあげたいです。

 

 

→書くセルフケアですっきりをキープ!今週のジャーナリングお題をチェックする

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。

ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。