心地よくないまま進もう

「ネガティブなところを治したいんです」「『あなたってネガティブだよね』と言われてしまいました」「もう少しポジティブになれたらと思います」・・・

このような相談をよく受けます。Sweet8月号でもネガティブな気分との付き合い方についてお話ししているのですが、、

大切なのは、ネガティブを敵視しないこと!それもまた自分の大切な一部です。「そこにいていいからね。ゆっくりしてって〜」と、庭に遊びにきた猫だと思って眺めてみてください。

他の例えでいうと、ポジティブとネガティブは、シーソーのように一本につながっています。どちらかの度合いを強く感じるのは、そのときどきで自分のシーソーがどちらに傾いているからでしかないのです。ネガティブを排除しようとするのは、シーソーの半分を切り取ってしまうようなもので、それこそ心のバランスが悪くなってしまいます。

エフォートレス=心地よさの追求 

ではありますが

心地よくないことにオーケーを出すのもまた、エフォートレス道の一環

だと思うのです。

不安、恐れ、嫉妬、落ち込み、過去のトラウマ、自信のなさ・・・・これら「心地よくないこと」を無理やり排除しなくていい。

ただし、「心地よくないものごと」が今日のあなたにどう影響するかは、その場で選ぶことができます。自動的に支配されてモヤモヤしながら過ごすのか、意識的に「心地よくないまま、今できることを進めよう」と思えるのか。

心地よさを取り戻さなくても、やる気が出るのを待たなくても、自信がなくても、そのままにして進んでしまえばいいのです。待っていてもそうなる保証もないし(笑)苦しいだけですから。

ネガティブを受け入れて、心があれこれ不満を言ってきても受け流し、体を動かせた人(行動できた人)には、マインドフルな1日を過ごす充実感という大きなご褒美が待っています。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、ネガティブに居場所を与えることはさぼらない。

Be Effortlessly YOU!!

AZUSA

 


ワクチンを打ち、外でマスクをしなくてもよくなってからというもの、連日、夏のLAへ繰り出しております。今日は41歳の誕生日なので、これから旦那くんとディナーへ。ちょっとおしゃれしちゃおうかと思います〜

「ウィズコロナ時代もエフォートレスに。自分らしく輝くことを諦めない」:WEBお悩み相談は現在、サイト会員様に限らずすべての方へ無料でオープンしております。この機会にお気軽にご利用ください。
ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。