新居でもエフォートレスに


LA在住ライフコーチの関口梓です。またまたお久しぶりです。千葉の台風被害は大変でしたね。少しでも早く、いつもの暮らしが戻りますように。

今月始め、ようやく(本当にようやく!)LAでの新居に引越しまして。

薄暗い感じのするダウンタウンの仮住まいを抜け出し、いわゆるハリウッドと呼ばれる地域の南の素敵な街にあるアパートメントへ入りました。知っている人がどれくらいいるかわかりませんが「メープルタウン物語」に出てくるまさにメープルタウンのような街です。パティがいそう。

ニューヨークでは朝陽を拝むのが習慣でしたが、いまはすっかりサンセット派!LAの夕方の空の色は日替わりで、これでもかと美しい。夕方はテラスに出て一息つくのが新しい習慣に。

このアパートメントを初めて内見したのが6月……。そう考えると、待ったなー!入居日が散々延期になりつつも、とても快適で素敵なお部屋に引越せました。待った甲斐があったというもの!ようやくホッとする部屋づくりに取りかかれています。

思えば去年の秋ごろからなんだかんだ、東京・福岡・NY・LAと移動ばかりしていて、いつもいつもパッキングしたりそれを荷ほどきしたり、ホテルや実家や短期アパートメントでの短い滞在でも居心地よく過ごせるシステムを考えては、また場所が変わり、新しい環境における自分的にしっくりくる暮らし方・オーガナイズのルールを考案する……みたいなことを繰り返しておりました。

疲れるんだけど、、楽しくもある。それがオーガナイズ!片付けなんて嫌いですが、片付けなくて済むような「システム」をじっくり考えるのは大好きです。なんとか面倒を最小限にしようと、そこをがんばるのがものぐさエフォートレス精神(笑)。

さて、新しい街でさあ新生活!いよいよ免許も取れる〜 と思っていたところ、大アクシデントがありまして。まあまあの大怪我をしてしまいました。怪我や病気とは無縁に生きてきたので、正直かなり落ち込みました……。

怪我をした翌日、ソファでブランケットにくるまり、いじいじと過ごしながら、落ち込んで感情を感じ切ってみました。すると、なぜいまそういうことが起きているかも見えてきて、なんだか憑き物が取れたようにワクワクが回復。

そのまま外出するとDV疑惑を持たれるほどの、ものすごい怪我の見た目のまま(笑えない…)、心はつらつと未来の展望を語るわたしに、旦那くんが一言「あずはどんなことがあっても不死鳥のように蘇る」。ディスってるよね?

最低のことが起きたとき、必ず「同時に」最高のことが起こっています。例外なく。

そこが見えると心がニュートラルになる。最高や最低、そんな「振れ幅」に動じることなく、真ん中にいればいいのだと思える。地球で生活するうえでのこの「圧倒的に先が見えない感」のすばらしさ(言ってみればスリル)を思い出すことができたらこちらのもの。

というわけで、生まれ変わったような気分で、お仕事はメンターシップのことだけやりつつ、新しいお部屋のデコレーションやオーガナイズ、旦那くんとのLAドライブを楽しんでいました。ずっと欲しかったデロンギのエスプレッソマシンもお迎えしたし♡楽しく過ごすことで怪我の回復も早まった気がします。(いまは怪我もほとんど治ったのでご心配なく!)

いまが楽しいと、結果も楽しいものになる。

いまを愛すると、結果も愛すべきものとなる。

いまこの瞬間を大切にすることが、大切な人生をエフォートレスに過ごす唯一の方法。

やっぱりそうだよなと確認する毎日です。

 


新しい暮らし。新しい眺め。LAのサンセットの美しさは格別です。


新居のダイニングコーナー。自分の「好き」を詰め込んだお気に入りの空間に。旦那くんと食事しながら、レストランの個室にいるみたいな気分になれます。



ご近所で毎週日曜に開催されるファーマーズマーケット。完全な車社会のLAですが、我が家の近辺は歩いてお散歩やカフェ巡りを楽しめる古き良きローカル感があり、そこも住みたいと思ったポイントでした。


ついに我が家にも車が導入されました!旦那くん、これまでよく我慢した分、男の夢的な好き放題な車を選んじゃったところが良いと思う!さすがカリフォルニア、窓全開でどこまでもドライブしたくなる気候。わたしも自分の車が早く欲しいな〜 もう目星はつけてあります。まずは免許ね。もう、いつになったら取れるのやら…怪我も治ったし、10月はさすがにがんばりたい。

この秋もエフォートレスに。
がんばらないけど、この瞬間(置かれた環境)の楽しみを逃さず生きることはさぼらない。

 

Q&Aコーナーへのご質問を募集しております。質問フォームより、ぜひお気軽にご質問をお寄せくださいませ。

★初の著書が大和書房より刊行されました

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。