急ぐ必要はまったくない

ライフコーチ関口梓のブログです。Los Angelesより、わたしたちの大切な毎日がエフォートレスに輝くヒントをお届けしています。

* 本日のコーチング * 過去のQ&A一覧


 

セドナからLAヘ帰ってきて、日本から母も合流し、どたばた&まったりな時間を過ごしています。うちの両親、NYへも2回遊びに来たし、とても元気・・。夏には姪っ子の住むイギリスへ旅行していたし、来年早々には台湾に住む兄のところへ遊びに行くらしい。

今回のLAは、観光というよりは父も母もゆったりペースで「好きなことをして暮らす」といったイメージで過ごしてもらっています。わたしと母で近所のカフェで長々とおしゃべりをしている間、父は延々と散歩。たまに車でお出かけ。そんなペース。(両親をアテンドしながらわたしのLA運転スキルも向上中!?)

母とはどれだけ話しても話が尽きない・・・。仕事のことも母と話していると気持ちがどんどん盛り上がってくる!夜、母と「お茶しよう〜」と黒豆茶を淹れて、セドナで買ったキャンドルを灯したりして、日本からのお土産のお菓子を用意したりする時間がいちばん楽しい。

● ● ● ● ● ● ● ● 


ここまで書いてから、あっというまに数日が過ぎていました……笑 ブログが更新されない日も、本日のコーチングは毎日更新されているのでチェックしてみてくださいね。

無事に両親も日本へ帰り、いつもどおりの生活へ。やっぱり一番の親孝行は、自分が幸せに生きている姿を見せること。そして一緒の時間を心から楽しむこと。何かをしてあげる必要もないし、してもらう必要もない。これはパートナーやクライアントさんに対しても同じ。そんなことを思いつつ。

まだセドナのことも書きたいし、セドナのあと、LAで開催されたバシャールのイベントに参加したのでそのことも書きたい…… 本に書きたいアイデアもどしどし降りてきている…… 

気持ちは逸るのだけど

Why hurry? You are eternal existence.(どうして急ぐ必要がある?あなたは永遠の存在だよ)

バシャールもそう言っていたことだし笑、ゆったり構えよう。ここにも書いていました)

セドナでリーディングしてもらったときに言われた「2019年の残りは、来年に向けてたくさんのアイデアが降ってくるから、とにかく書き留めておいて!」も意識して。(これを読んでいるすべての人に共通しているアドバイスだと思います)

というわけで、いつにも増してジャーナリングの時間も取っています。気づいたら7、8ページくらい書いていたり。

よく言われることですが、「忙」しいの漢字の成り立ちは、「心」を「亡くす」。どんなに周りで嵐のような気忙しさが繰り広げられていようと、自分が心を失わずにいられたら、それは「忙しさ」にはならないのです。

バタバタしているときほど、嵐の目 (the eye of the storm)でいることが大切。(これもバシャールからのメッセージ。2020年を過ごすための大切なテーマなので、また詳しく書きますね)

心を失っているときほど、ジャーナリングが助けになります。シンプルな特効薬。

他にも、自分の中心にすんなり戻れる習慣(ゆっくりお茶を淹れる、大好きな誰かにカードを書く、足裏マッサージ、とにかくどこかしらを水拭きするなどなど)を見つけて、年末へ向けてワクワクと、目の前のことを充実させながら過ごしていきたいですね。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、嵐の目となり穏やかさを保つことはさぼらない。
Be Effortlessly YOU!!
AZUSA

 


先週までの寒さで、街路樹が一気に紅葉したLA。あの寒さは和らぎ、昼間は20℃を超える暖かさです。


UNIQLO Uのボアジャケットがかなり使える気候。車にぼんっと入れておいて寒くなったら羽織るエフォートレススタイル。うーんTHEカリフォルニアだなあ。映える紅葉の壁の前で母が撮ってくれました。母の写真はブログに採用される確率高し。笑

 


『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)  

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。