流れが悪いと感じたとき、どう変えていくか 

ライフコーチ関口梓のブログです。Los Angelesより、わたしたちの大切な毎日がエフォートレスに輝くヒントをお届けしています。

* 本日のコーチング * 過去のQ&A一覧


 

タイミングが悪いと感じるとき、気持ちを整えてワクワクしだすと、途端に流れがよくなる。そんなことが今日、いくつかありました。

まず先日、旦那くんが家の鍵を失くしたので、新しい鍵をコンシェルジュのダイアナに頼んでおいたのに、なかなか連絡が来ずにイライラしていました。

ダイアナってちょっとそういうルーズなところあるよね…今回もやはりそうか(やはり、と言っている時点で自分が相手をそう見ているからその通りになるだけなんだけど)、、と旦那くんと愚痴を言い合い、仕方なくこちらから出向いてダイアナから鍵(電子キー)を受け取ったところ、作動しない…… 苛立ちが募ります。

ダイアナ曰く「小一時間後には、ちゃんと作動するものを渡せると思う」ということだったので、気を取り直して近所のカフェでブランチをすることに。

それともう1つ、今週末は旦那くんが美容室に行かなくてはならず(かなり伸びて限界だった笑)、担当の美容師さんのキャンセル待ちをしていたところ、今朝、寝坊している間にキャンセルが出たという連絡があったため返信できず、髪を切るタイミングを逃してしまっていたのです。

なんとなく、色々と流れが悪いね〜なんて話しながら、カフェに向かって歩いていると、とても治安のいいはずのご近所なのにホームレスの人が寝転んでいる…… それもわたしたちが通ろうとした道のど真ん中に……

なんとなくモヤモヤしたままカフェに到着。いつもの大好きなテラス席に座っても、なんだか気持ちが晴れない。つい、イライラとしたまま旦那くんを責める発言をぐちぐちと。今日はここで、旦那くんがファインプレーをしてくれて、「良くも悪くも、状況とは関係なく、自分たちで気分を選んでしまっているから切り替えよう」ということになる。

そこからおしゃべりをして、エッグベネディクトとフレッシュスクイーズドオレンジジュースのブランチをいただきながら、爆笑を何度かしているうちに、、どんどんいい気分になってきました。

思えば今日は、「もうこれって、ポカポカと言っていい気候だよね」というほどの暖かさ。遠くの山にはハリウッドサイン、穏やかに揺れる椰子の木、食後のコーヒーの美味しさ・・・そんなものに囲まれて、不機嫌になっていることが実にバカバカしい!!

帰り道、また同じホームレスの人が横たわっているのを通り過ぎながら、こんな会話に。

・彼にしてあげられることはたくさんあると思うけれど、あそこに寝そべって(おそらくドラッグのための)お金を要求されていては、根本で彼のためにならないから、何もしてあげられない

・彼が、自分に力があることを思い出して、立ち上がって歩き出し、自分にできることをやってみて、そこでヘルプサインを出してくれたら、周りには助けたい人がたくさん現れるはず

・宇宙もまた、わたしたちをそういう風に見ているのかもしれない。自分の内なる力を忘れて、やるべき(やりたい)ことを行動せずに、ただお願いをされても、助けるのは難しい。なぜなら宇宙はわたしたちの最善を実現しようとしてくれているから

・ホームレスのあの人に教えられたね。このことを象徴的に覚えておくために、彼に名前をつけたいね。彼が寝そべっていた通りの名前から「ローズウッドおじさん」にしよう笑。自分が「ローズウッドおじさん」になってしまっているとき(自分が持っているものを使おうとせず、求めてばかりいるとき)には、この気づきを思い出せるようにしよう

・・・という感じ。

そうして、すっきりした気分のままアパートメントに戻り、ちょうどダイアナに渡すためのクリスマスチップ(アメリカの風習で、ドアマンやコンシェルジュ、メンテナンスをしてくれる方々などにクリスマスに特別に差し上げるチップ)を部屋に用意していたことを思い出し、「さっきイライラしたままダイアナから鍵を受け取っていたら、チップのことなんて思い出せなかったし、あげたいとも思えなかったね」ということに。

再びダイアナのオフィスに鍵をもらいにいき、先客があったので外のテラスで待っていたとき、ふと、旦那くんが鍵を失くした恐れがある場所のゴルフ場に電話をかけてみたところ、見事に届けられていたことが判明(早く電話すればよかったんだけどね笑)!!

ダイアナへクリスマスチップを渡すと、涙目で喜んで感謝してくれて、ハグまでされる。虚礼廃止が進んでいるとはいえ、そこまで心を込めて喜んでもらえるとは。思えばダイアナには内見のときからお世話になっているし、会うとフレンドリーに話してくれるめっちゃいい人!こちらも日頃の感謝を伝えられてよかった。朝、イライラしていた自分の気持ちとは正反対の結果に。

さらには、ダイアナ喜んでくれてよかったね〜と部屋に戻ってきた瞬間に、旦那くんの美容師さんから「ちょうど一時間後にキャンセルが出た」という連絡が!!ゴルフ場に鍵を取りに行って、美容室に向かうのにちょうどいい時間。全てがスムーズに流れ出しました。

鍵もね、2セットしかないのも不便だったので(両親が遊びに来たときなど)、これを機に3セットになったからよしとしよう。

たった半日で、宇宙は本当にたくさんのことを教えてくれるものですね。というより、日常の現象をとおして、何かを伝えてくれていない瞬間はないはず。気づきが起こるのは、こちらがそれを見ようとするかどうかにかかっているのです。

自分の気分をどう持って行くかで、次の展開が決まる。この「気分の設定」から「展開への反映」までの時間がどんどん短く(もうほとんど数分で実現)のレベルにまでなってきているのがいまの時代です。10年前までは反映がもっと遅かったと思います。個人の精神の成熟度合にもよるけれど、世界的にスピード感は速まってきているのは確実です。

ちょっとの気づき、ちょっとの方向転換。

これがいかに大きな力を持っているかを忘れずに、「ローズウッドおじさん」の教えも忘れずに、さらにスピード感あふれる2020年を迎えたいと思います。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、流れを生みだすための方向転換はさぼらない。
Be Effortlessly YOU!!
AZUSA

 


ダイアナの先客を待っているとき。アパートメントのこのスペースの存在を忘れて暮らしていたことに気づいたり。こんな素敵なスペース、もっと使わせていただこう♡本当に今日はポカポカでした。



暖かくてそんな気分になれない(笑)のだけど、一応ホリデーシーズンなのですよね〜

 


『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)  

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。