「やっぱりこの感覚は間違いじゃなかった」を集めよう

旅や引越しの多い人生でですが、昔から、どこに行っても「なんとなく馴染めない自分」というのがいます。

深く付き合う友人やパートナーにはそれなりに出会ってきました。ただ基本的には、コミュニティーに馴染むことなく「個」の生活が続いている感じです。東京、NY、LA、どこに住んでいても「ここが居場所!」という感じは特にしません。無理をしてご近所付き合いなどしてみようとしたこともありますが、なんとなくしっくり来ない・・・笑 「馴染んでおいたほうがいいのかな?」くらいは思うのですが、ここ数年はそのままでいいと思うようになりました。

昨年末、美容室へ行ったときのこと。LAでお世話になっている美容師のCさんが、いいことを教えてくれたのです。Cさんとはいつもスピリチュアル系の話で盛り上がります笑

Cさんの魂は、宇宙と地球を交互に転生していて、見た目は地球人として普通に暮らしつつ、それがそのまま「(宇宙の仲間へ向けた)生配信ライブ」となっている。つまり、「地球ではこんな考え方や暮らし方があるそうです!」といった、いわばレポーターのような役目を果たすために地球へ来ているとのこと。そういう仕事(?)で来ている人は、一つの地域に密着することによる「しがらみ」から離れて、様々な環境に身を置き、「観察者」としてピュアな状態を保つようなライフスタイルになるらしい!

Cさん
「だから、私って昔から広い交友関係より狭い方が好きで、海外に移住したり、定まらない感じのスタイルなんですよね」

「私も完全にそれやん……」と深く納得しました。コーチングでいろんな人の人生模様を伺ってきたのもその一環なのかもしれません。おもしろいですね!もしかするとこれを読んでいるあなたもお仲間かもしれません♡

同時に、ホッとしたこと。

無理に地域に密着しなくてもいい、交友関係が広くなくていい(海外に住んでいても外国人の友達とウェーイ!ってやらなくていい笑)と思うと、「やっぱりこの感覚は間違いじゃなかった!」と気が楽になりました。

この「やっぱり私ってこのままでよかったのね感」に至ると、一気に肩の力が抜けます。

気にしていないつもりでも、若干の罪悪感(私ってこのままでいいのかな?)を持っているのが人間というもの。エフォートレスに生きることを意識すればするほど、この「やっぱり私ってこのままでよかったのね感」がやってきやすい状態になります。

占い、心理学、スピリチュアルが伝えてくれることについても、いろんな情報が溢れていますが・・・やはり基準は自分の感じ方。

「やっぱり私ってこれでよかったのね感」が湧いてきて嬉しくなる情報こそが、自分にとって今必要なものだと思うのです。

 

日常をエフォートレスに
がんばらないけどさぼらない
Be Effortlessly YOU!!

 


セドナからの帰り道。THE カリフォルニア!な夕焼けが迎えてくれました。馴染む感覚はなくても……どこにいても新鮮な気持ちで過ごせているこの人生をとても気に入っています。

 

 

ライフコーチングQ&A:ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。