自分に自信が持てないなら、「コレ」に自信を持っておいてください

外ではパリッとはつらつに生きているように見える人でも、いざ、本当にやりたいことに進もうとするときに自信のなさに怖気づいてしまうことがあります。そんなタイミングでライフコーチングを受けてみたいと思うことが多いのかな。

自分の選択、実績、現状、未来について、誰に証明する必要もない、深く落ち着いた自信を持っていたい。

そんなときは必ずしも、「自分自身にまつわること」に自信を持つ必要はありません

あなたはよくやっているから小さなことでも自分を褒めてください、と言っても、次の日にはまた自分に厳しくしてしまう癖が現れてしまうもの。これには練習が必要です。(自分を褒める癖さえつけば、ラッキーが立て続けに起こります、本当に幸運体質になるのでぜひ少しずつでも練習していただきたいのですが・・・)

そこで。

無理やり自分を褒めることに抵抗がある人におすすめなのは、本心で、心の底から、堂々と自信を持って「私は運がいい!」と断言できるような「ご縁」を思い浮かべることです。

友人、家族、パートナー、子ども、恩師、同僚、上司、メンター、推し、歴史上の人物、映画や小説の登場人物、著者、アーティスト、動物、植物、鉱物、場所、建物、学校、組織、車、・・・

現在進行形でも、過去のものでも、実際に会ったことがない相手でも、人間じゃなくても大丈夫です。その対象からあなたがポジティヴな影響を受けたことがあるのならそれが「ご縁」となります。

あなたの人生経験には、「こんな素敵なご縁に恵まれた私ってなんてラッキーなのだろう、引き寄せる力持ってるな〜!」と思える「ご縁」がきっとあったはずです。

そのご縁のお相手がいかに素晴らしいか、できれば10個、今すぐ指を折りながら口に出してみるか、書き出してみましょう。10個じゃ収まらないかもしれませんね。

自分のいいところはすぐに言えないけれど、親友やパートナーのいいところならパッといくつでも挙げられる。そういう人は多いですよね。「パッといくつでも」というところがなんともエフォートレス。この勢いを利用する方法です。

私は以前、コーチングに迷いが出たときは、クライアントさんの素晴らしさを列挙していました。「こんなに素晴らしいクライアントさんと出会えたのだから、私ほどラッキーで楽に結果を出せるコーチはいない」と自信を取り戻せたものです。

ああ、私ってなんて幸運なんだろう♡そんな軽やかな感謝に包まれたら、そのふわっと軽やかなエネルギーのまま次の行動に移れば、エフォートレスな展開が続いていきます。

1日を通して、何かあったらまたそのご縁のことを思い出してエネルギー調整をすることもできます。

日常をエフォートレスに
がんばらないけどさぼらない
Be Effortlessly YOU!!

 


私の場合、セドナとの「ご縁」も入れたいところ。今回のセドナでは、カセドラルロックの魅力を再発見。(手前の人のドヤがすごくて後ろの景色が入ってきませんが……)「W」の形になっている谷間からすううううっとした風がこちらに吹いてくる感じがなんともいいのですよねぇ

 

ライフコーチングQ&A:ご相談フォームはこちら 
過去のQ&A一覧はこちら

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。