潔いほどにシンプル。だから、しなやかで力強い

BLOG

今日も、著書のカバーに合わせて、水色っ子(ババアはやめました)。こんにちは。NY在住ライフコーチの関口梓です。大和書房の編集担当Hさんからご連絡があり、本の見本が完成したとのこと。とうとう我が子が誕生した気分!それよりも、そのことにめっちゃテンション上がってくださっているHさんが素敵です。それだけたくさんの情熱を注いでくださったということ。

潔いほどにシンプル。だから、しなやかで力強い。エフォートレスというパワフルで明快なコンセプト(編集Hさんが考えてくださったコピー♡カバーの裏面に載ってるんですよ♡)

いいわ〜。たぶんわたしより(笑)エフォートレスというコンセプトを理解してくださったいます。男性なのに・・すごい・・。このコピーを初めて拝見したとき「そうか!わたしがこの本で書きたかったことって、これだったんだ!!」とこちらが新鮮な発見をいただいたくらい。Hさんとのお仕事では、何度もそういうミラクルがありました。

本の命とも言える、タイトルとカバー、ページデザイン。ここに著者が関わることはありません(タイトルもなの、意外ですよね?)。すべて出版社側のプロ集団によって生み出されていくのです。Amazonから予約してくれた人が、カバー写真を見て「さすが、あずささんの本だから、おしゃれ〜」なんて言ってくれたりするけれど、実はわたしの功績でもなんでもないのですよ。すごいよね、プロって。わたしはただ、候補として挙げられるタイトルやデザインに「なにこれ、素敵すぎる〜かわいすぎる〜」を連発していただけでした・・。

ニューヨーク&キラキラ女子系の本は、それこそベストセラーになっているエリカさんのシリーズなど、いくつかあるけれど、イメージ的に濃いピンクとかになるのかなー?なんて思っていたら、、

本を開いたときのページデザインは・・・出ました!スカイブルー♡♡♡ていうかもはやティファニーブルー?そんな繊細な水色で統一されていて、カバーはそれに合わせたグレイッシュブルーって!!!!!!完全に、意表を突かれました。ときめきがもう!「さすが。。」の一言です。そんなわけで、デザインもイラストも超絶かわいいのですが、中身ね!大事!(笑) 大丈夫です。命削っております。またそのあたりも書いていきますね。

今日をエフォートレスに。
がんばらないけど、素敵な編集者さんへのリスペクトはさぼらない。

Amazonで予約受付中です


『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝く エフォートレスな生き方』(大和書房)

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。