【Q&A】今の仕事が居場所ではない?人生の目的を見つけたい思いが増しています

Q.  初めて質問させて頂きます。

昨日、梓さんの「ありのまま輝くエフォートレスな生き方」を読み、心が救われたような気がして、続いて梓さんのブログを読み耽っていました。

相談内容は漠然としているのですが、「何となく今の仕事を辞めて新しいことを始めた方が良い気がするが、条件が良すぎて決めきれない状態が続いているので、アドバイスを頂きたい。」です。

現在の会社は新卒から2社目で、外資系の名の知れた企業に勤めています。今は一歳10ヶ月の女の子がおり、今年の4月までは一年半ほど産休育休を取得していました。

勤務はコロナの影響でフルリモートで育児ともバランスをとれており、業績を認められて昇進もした、給料も申し分ない、会社の将来性も高い、人間関係も良い、と辞める理由は見つかりません。

それでも、育休明けに復帰してひたすら頑張ってきて、仕事が落ち着いた11月ごろから急に、「それでもやっぱり自分の居場所はここではないのかもしれない」という思いが強くなってきました。

それを機に、いろいろな本を読み漁り、自分の人生の目的は何なのかを見つけたいという思いが日に日に増しています。

特に明確なやりたい事も無く、生活に大きな不満も無く、順風満帆な人生なのに理由が分かりません。ただ、今の状況を変えなければという思いだけがあります。

梓さんのご経歴を読んで、勝手ながら自分に近しいご経験をされているのではないかと思い、漠然としていて恐縮なのですがこんな私に何かアドバイスを頂ければ心から嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

(はるかさんよりご質問いただきました)

 

A. その違和感を大切に、光の示す方向を見極めて。やりたいことがはっきりしないなら、まず「やりたくないこと」をクリアにしよう。今の仕事を続けながらでもできることから着手してみては?

 

 

■「やりたくないこと」をあぶり出す質問

ご相談ありがとうございます!

はるかさんのように側から見れば「順風満帆」な人生を歩んでいると、人生に不満を持ってはいけないように感じてしまうものです。

エフォートレスな生き方に共感してくださる人ほど、そういう方が多いのかもしれません。みなさん恵まれているけれど、どこか満たされていない……

でも、どんどん不満(違和感)を持っていいのです!

文句を言ったらバチが当たりそうなほど幸せな人ほど、自分にとってさらにちょうどいい、よりしっくりくる生き方を突き詰める資格(楽しみ)があります。

はるかさんの人生が順風満帆なのは、決して運がいいだけではありません。これまでの日々を着実に、誠実に、小さな幸せを大切に……歩んでこられた証であり、感謝を忘れず生きていらっしゃるからでもあります。だから堂々と、幸せを享受しつつ、次なるステージを望んでいいのです。

サラサラとした清流の中にいると、ちょっとした淀みや濁りが気になるものです。

>「それでもやっぱり自分の居場所はここではないのかもしれない」

この違和感はぜひ大切になさってください。

やりたいことが明確でないとしても、「やりたくないこと」なら浮かぶのではないでしょうか。

仕事や日常生活を細分化したときに、

○それほどやりたくないこと
○楽な気持ちで取り組めないこと
○大小問わず、本当は我慢していること
○「もうこれは違うな」と薄々感じていること
○これまでも、今後も絶対やりたくないこと
○やらなくていいんだったら今すぐにでもやめたいこと

などをリストアップしてみましょう。

簡単にやめられそうなものがあれば、今日からやめるという選択もできます。誰かに任せたり、お金を払うことで解決できることがあるかもしれません。

もし、すぐやめられない環境だったとしても残念に思わないでくださいね。あくまでもはるかさんの「大切な本音」をクリアにすることが目的です。

リストの全てをやめられたらどんな感じがするか、今ここで味わってみましょう。

 

■ 新しいことを「楽な気持ちで」始めるには

>新しいことを始めた方が良い気がする

>自分の人生の目的は何なのかを見つけたい

どちらも正直な心の声です。本音=正解なので、この思いにもっと自信(軸)を持ってください。

根拠がない“のに”そう思うなんてすごいことだと思いませんか?アタマで考えてもつながらない何かを感じ取っているということですから。私は常々、根拠のない思いにはそのまま従うようにしています。

はるかさんのような優秀な方だったら、本当になんでもできますよ!夢は義務ですから、今すぐにでも始めていただきたい!私がはるかさんの友人だったらごり押しします!笑 

ただ、ここは冷静に(←私が)、すぐに会社を辞めるといった行動に結びつける必要はないのかなとも思います。どうしたいかがはっきりしていないときは、無理に動かなくていいということ。人生の目的に関わる大切なプロセスにいらっしゃるので、ここは「急がば回れ」です。はるかさんは賢い方にお見受けしますので、必要なタイミングで動きたくなるインスピレーションが湧いてくるので大丈夫です。

その間の過ごし方としては、「今のこの素敵な居場所に、さらに喜びが増すとしたらどんな変化が考えられる?」という問いにアンテナを張っておいてください。すぐにいろんな答えがやってくるでしょう。

現在のお仕事・ライフスタイルにおいて、「喜びちょい増し」の工夫を重ねます。これ自体とても楽しい作業です。

慣れてきたら、「この人生の目的」や「やりたいこと」の具体的なイメージを深めていきます。次第に、次のステージ(はるかさんが200%喜べる居場所)が鮮明に見えてくるはずです。子どもの頃に好きだったこと、得意だったこと、なりたかったものなどにもヒントがあります。

また、エフォートレスな生き方に興味を持ってくださった理由にもヒントがきっとあるはずです。私の場合は、子どもの頃から「本を書く人になりたい」と思っていた、そしてライフコーチの師匠の本を読み、私もこんな本を書く人になりたい!とカチッとはまったものがあり、その道に進むことになりました。

はるかさんが「これいい!」と思える書籍やコンテンツやサービスに出会ったら、「私は、これ(この人)のどこに惹かれているのだろう?」と分析してみてくださいね。

※ご相談の文章でしか存じ上げませんが、はるかさんが会社を辞めて起業されるとしたら、パワーウィッシュのKeikoさん(元電通)などイメージが近いかもしれないですね。バリバリ成功する感じがお似合いな気がします♡それから、10ヶ月の娘さん♡のママであるということから、ご自身にとってすぐ使える知識・お子様にとって計り知れないメリットをもたらす・全国のペアレンツをサポートできるという点から、モンテッソーリ教育の資格もおすすめです。

そうやって「やりたいこと」が見えてきたら、その次のステップです。今のお仕事を続けながらでも始められそうな「やりたいこと&新しいこと」がきっとあります。それにスモールステップで着手します。

例えば、将来やりたい個人ビジネスがあれば、フリーランスになった自分をイメージして、次のようなことから着手してみてください。

○はるかさんのビジネスの「屋号」を考える(これは実際にコーチングでもやっていただくことです、超楽しい♡)
○屋号をつけたインスタグラムを開設する(はじめはフォロー専門でもOK、憧れの業種の人をフォローする)
○実際に使うつもりで、オフィス・作業場・サロンのような物件を検索する
○個人のサイト(HP)を作るとしたらどんなデザインにしたいか考える
○仲間が必要なお仕事であれば、候補の方に「いずれやりたいのだけど……」と話をしてみる(まずはお友達や旦那様とか?)

「どうやって形にするか?」「私に実現できるのかな?」などの疑念をすっ飛ばして、純粋に「こんなことを仕事にできたら(毎日感じて過ごせたら)、どんなに素晴らしいだろう」という喜びの感覚だけに集中して過ごします。

「着手する」というエネルギーには、モメンタムを自動的に増幅させる素晴らしい力が潜んでいます。ぜひそれを実感してみてくださいね。(こちらへご相談を送ってくださった時点で、着手の一環ですよね!素晴らしいです〜)

そのワクワクした感覚に身を浸しながら、毎日のお仕事や子育てを楽しんで続けていれば、実現するタイミングが早まり、いつどのように何をすればいいか迷いなく決断できる状態が訪れます。

その道を最短にするコツは、「楽な気持ちでいることを優先し、できないことではなくひたすらできること(できたこと)だけを見る」です!がんばるのではなく、ご自分に優しく、ご自分という存在を愛でながら進んでください。(娘さんが歩き始めるとき、どんなふうに応援するか?それをご自分に応用してください♡)

 

■ 多くの人が今の仕事を辞められない理由

最後に、これははるかさんの事例に限ったことではないですが、今のステージから動けないまま時間が過ぎている方すべてにお伝えしたいことです。

「条件が良すぎる仕事」を辞めることに迷いがあるのは、自分軸からずれているからです。何が正しい道なのかどうにも自信がないというお気持ち、よくわかります。

でも本当に怖いことってなんなんでしょうね?

フタを開けてみると、私たちは、周りから「会社を辞めるなんてもったいない」「もし成功しなかったらどうするんだろうね」などと言われる(思われる)ことを恐れていたりします。まさに、他人軸にいる状態です。

そこを乗り越えられるのはご自身だけです。

今できることを着実に行動に移しながら、トライ&エラーを重ねつつ、自分軸を少しずつ太くしていけば、やがて「周りがどうというより、とにかくこの純粋な喜びの活動を少しでも長く続けていたい」という思いが勝る日がやってきます。

仕事を辞めるか辞めないかに関して、恐れや焦りが出てきたときにおすすめの1〜2分でできるワークがあります。

書籍に出てくる「感情を感じ切るワーク」とほぼ同じです。できれば目を閉じて行います。

まず、自信のなさからくる焦りを噴出させたままじーーーーっと見つめます。それだけでも焦りはかなり薄れます。

さらに葛藤のモヤモヤに潜っていくと、霧の中、ささやかながら「キラリ」と輝く何かしらの思いがあるはずです。その「キラリ」の存在を特定してください。はるかさんの場合、「自分の人生の目的を知りたい」という思いに関係していることです。

その「キラリ」が特定されたら、あえて言葉には置き換えず、その光や色や感覚をハートに刻みます。

ワークを終えると、以前より自分軸に戻れていることが感じられるかと思います。夜寝る前と朝起きたときに、この「キラリ」の感覚を思い出すといいですね。

はるかさんが自分軸の中でまっすぐ進めば、「こう思われたらどうしよう……」と恐れていたはずの周りの人々から、逆に、「どうしたらあなたのように輝けますか?」と尋ねられるようになります。

そうなることが決まっているのに、今、はるかさんが本当のご自分を生きていないとしたら、それこそ「もったいない」ことですよね!

よろしければこちらも参考にされてください→「今年こそ転職したい人に、一度考えてほしい質問」

 


これまでのQ&A一覧はこちら

 

 

現在、サイト会員様以外のすべての方よりご質問を受け付けております。
自分らしくエフォートレスに生きるための疑問を解消しませんか?ライフコーチングの視点からお答えさせていただきます。
いただいたご質問は、ブログや書籍で紹介させていただくことがございます。ご了承ください。
ご相談フォームはこちら

 

Loading▶︎この記事をお気に入りにクリップ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。